国語・算数の苦手分野対策で、学校別オープンやSSで結果を出して自信に繋がり合格!(慶應義塾中学校進学 男子の保護者様)

合格校

慶應義塾中 普通部・立教新座中学校・栄東中学校・佐久長聖中学校

Q1 当塾に入塾するきっかけとなったお子様の学習状況を教えてください。

以前より国語(特に読解)が苦手で、他の教科のあしを引っ張っていました。

知識問題以外の対策をどのようにすれば良いのか親子共に困り、5年生の秋から週一コマ、ドクターでみて頂く事にしました。

6年生になってからは算数の内容も難しくなってきたので週一コマずつお願いしました。

Q2 当塾では、どのような課題に対してどのような指導を受けましたか?

国語の太田先生には、読解のポイント、問いに線を引く重要性(何故かないがしろにしてしまう…)選択肢問題の対策をじっくり、しっかりご指導して頂きました。

又、速読スピードをあげる為、同じ文章題を一週間毎日読み、タイムを計る!「面倒くさいでしょ?だからやるんですよ。皆なかなかできませんから」の提案も印象的でした。

算数の江田先生は、苦手な分野を的確に把握していて下さり、典型題を中心に志望校に繋がる問題を取捨選択し丁寧に納得できるまでご指導してくださいました。

息子がゲームのゼル伝に例えて「ドクターは馬宿!」新しい武器(解法)を得て戦い(テスト)に挑むところ」と言っていたのが、忘れられません。

Q3 Q2の指導の結果、お子様の意識や成績はどのように変化しましたか? 合格の喜びとともに語ってください。

学校別オープンやSSでは結果が出てきている事が本人の自信にも繋がったと感じています。

苦手だった国語も先生のお陰で直前期には出来るようになり、驚きました。

算数も解く順番などのアドバイスもあり、本番では全問手をつける事が出来たそうです。

志望校に合格する事が出来たのはドクターの丁寧かつ的確なご指導のお陰です。
ありがとうございました。春からの新生活を親子共々楽しみにしております。

慶應義塾中学の合格体験記
※画像をクリックすると、拡大表示します。


その他の『2020年度合格体験記』の項目一覧

2020年度合格実績のその他の合格実績

2020年度合格実績以外の合格実績


この記事が気に入ったら是非ご登録を