開成算数攻略、正解に一歩ずつ近づく道筋を教えていただき合格!(開成中学校進学 男子の保護者様)

合格校

開成中学校

Q1 当塾に入塾するきっかけとなったお子様の学習状況を教えてください。

息子は、小4のときに一度見に行った開成の運動会で、「自分もこの舞台の在校生として戦いたい。」という強い願いをもち、開成を目指すこととなりました。

サピックスに通っていましたが、小4、小5と割と順調だった算数の成績が徐々に落ち始めました。
家で復習を何度こなしてなんとか挽回を試みましたが、6年生夏休みになっても算数の成績の上昇は認められませんでした。
サピックスで学んだ内容を家で復習しても、すぐに忘れてしまうのです。

このままでは開成に合格するのは難しいと判断した私は、「偏差値20アップ」の受験ドクターに連絡し、亀井先生とのご縁をいただくことになりました。

Q2 当塾では、どのような課題に対してどのような指導を受けましたか?

先生は、問題をいい加減にしか読まない息子に、一字一句、丁寧に優しく問題を音読して聞かせ、そして、その問題で考えられる道筋を教えてくださり、さらには図を書かない息子の目の前でノートに素晴らしくきれいな図を書いてくださいました。

そして煩雑な問題もひとつひとつ分析していけば、正解に一歩ずつ近づいていくということを、たくさんの難問で示してくださいました。
受験ドクターに行き始めたことで、開成算数攻略に向かって先生、本人、親が一丸となることができたように思います。

また、国語に関しては春野先生の秋の少人数講座を受講させていただきました。ポイントがまとまっていて、大変よかったです。

Q3 Q2の指導の結果、お子様の意識や成績はどのように変化しましたか? 合格の喜びとともに語ってください。

受験本番、例年にもまして難化した開成の算数でしたが、試験が終わったあと、息子から「開成の標準的な問題は解けた。難しい問題も表も図もしっかり書くことができた。」という言葉を聞き、悔いのない受験ができたのだと思いました。

息子が開成に合格することができたのは、亀井先生からご指導頂いたことによるものです。
この機会を与えたれなければ絶対に開成に合格することはできませんでした。

亀井先生をはじめ、国語の少人数コースでお世話になった春野先生、そして温かい言葉をかけてくださった受験ドクタースタッフのすべての方々に心より感謝いたします。
亀井先生と、親子で作った分野別の算数ノートは、ずっと宝物にしておきます。
本当にありがとうございました。

開成中学の合格体験記
※画像をクリックすると、拡大表示します。


その他の『2020年度合格体験記』の項目一覧

2020年度合格実績のその他の合格実績

2020年度合格実績以外の合格実績


この記事が気に入ったら是非ご登録を