受験生の食事 3-1 放射線って?

当社は、「中学受験ドクター」という屋号にもありますように、子供に対する教育サービスを提供させていただいておりますが、この度、一生懸命頑張っている子供を日々サポートされている親御様に対しても、側面からサポータさせていただければという趣旨から、この度、家政婦の紹介・家事代行業をされているハウスサポーター様所属のお料理研究家の方にご協力いただき、『受験生の食事』というコーナーを設けました。受験生をお持ちの親御様の子育てに欠かせない「食事あるいは、食育」について専門家の視点からアドバイスいただきますので、参考にしていただければと思います。

今誰れもが不安を感じている原発事後の後の想定外の放射牲物質の

漏れによる日本では初めての体験です。

☆ 放射線の単位とは?

 ○○○  べクレルとか、○○○ シーベルトとかと聞き慣れない単位に私達も

戸惑うばかりです。

 例えばシーベルトって?これは放射線量の単位で一時間あたりに私達

の体に受ける基本的に外から浴びる影響の度合いの単位です。

ミリシーベルトとマイクロシーベルトと表記されます。「放射能」とは、

物質が放射線を出す能力の事をさしていて、分かりにくい「放射牲物質」

は放射線を出す物質です。

 「放射線」とは、放射牲物質から放出されるエネルギーを指しています。

目では確認出来ない光線のようなものです。

☆ 放射線は自然界にも有るんです

 放射線はもともと自然界に存在するもので、日常の生活でも自然界から

微量な放射線を浴びていて宇宙から食物から大地からからにも含まれています。

 他には、人工放射線がつくりだされた医療ようの放射線である胸部X線やCTス

キャンなどからの放射線もあります。

 震災前でしたら、放射線って⁈何だろうとも深く考えるチャンスは無かったかも

しれません。しかし人間が作り出した画期的で便利な文明の力⁈は自然災害には

脆かったという事は今回の事故で皆さんが放射線については改めて考えさせら

れました。

  やはり人体に影響が及ぶという事なので私達は前代未聞の事態を怖がらず、

でも安易に考えず健康被害にあうリスクを少なくするように自分の身は自分で

守る時代に入りましたから適切な情報を適切に理解し実行する時期に入りました。

   まして未来ある大切なお子様方とそのご両親には放射線の影響は少なくする

ようにしたいですね。こんな未曾有の震災と放射能汚染に関しては始めての経験で

、誰れもハッキリとした正しい答えは直ぐには出ないとしても出来る事から始めましょう。

  毎日私達は植物(野菜類、大豆製品)や穀類(お米、麦)や動物(肉類、牛乳など乳製品)

水などを飲んでいます。

 放射線は水に溶けやすいので充分に洗い流す事も大切です。野菜や自分自身の体もですよ!


その他の『受験生の食事』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を