中学受験ドクターについて

【講師のこだわり】 “単なるプロ講師”ではなく“由緒あるプロ講師”により、

【指導のこだわり】 集団授業ではなく一人ひとりに合わせたオーダーメイドの個別指導により!

【成果のこだわり】 集団塾よりも最短最速で成績を向上させ!

【使命のこだわり】 日本を背負って立つ将来のリーダーの創出を本気で目指す!

そんな人材創出機関! それが「中学受験ドクター」です。

中学受験ドクターでは、中学受験に特化して、“目の前の1人を勝たせろ!”をモットーに、お子さま一人ひとりに合わせた“オーダーメイド”にて、「個別指導塾」「プロ家庭教師の派遣」「東大生家庭教師の派遣」のサービスを提供させていただいております。

当社では、創業以来、
1年で偏差値20上げるプロのノウハウは確実にある!
と堂々と訴えてきています!

もちろん、全てのお子さまの成績を上げられるという意味ではありません!
これは、「一部の優秀なプロ講師の教え子の中に、1年で偏差値20上がる子が実際に出ている」ということを意味しています。
『偏差値20アップ指導法』はこちら

何十年も中学受験の専門プロとして指導をしていますと、成績を上げる“勘どころ”が見えてきます。
当社はこのような“勘どころ”を持った本当のプロ講師だけで運営・指導させていただいています。

親御さまの中には、「うちの子は成績が全然伸びない! どうしてだろう??」あるいは「どうしたらいいんだろう?」とお悩みの方も多くいらっしゃることと存じます!!
成績が伸びない理由は大きく分けると2つあります。
その1つは《勉強のやり方による成績不振》と、2つ目は《塾の利用の仕方による成績不振》です。

1.お子さまの勉強のやり方による成績不振

まず第1に、お子さまの勉強のスタイルはどのようなものでしょうか?
問題を解いて答え合わせをして解答を理解して覚えるという「問題演習ばかりやる勉強」をしていませんか?
それでは、成績は上がりません。

理由は簡単です。むやみに問題演習だけをやる勉強方法は、野球に例えると、むやみやたらにバットを振り回しているのと同様だからです。
バットを振るのも重要ですが、その前に、バッティングの理論に基づいて振らなければ上達しません。
勉強方法もこれと同じで、「問題演習」の前に「学習する各テーマが、いったいどんな理論をもっているのか?」「各テーマの根本原理は何なのか?」「その理論が試験でどのように聞かれるのか?」をまず理解した上で、それを確認しながら問題演習しなければ成績は伸びません。

ただ、この根本原理を教えるということは、中学受験指導の経験の浅い学生講師や付け焼刃の親御さまには無理な注文です。塾でもそのお子さま1人に合ったカリキュラムを組んではくれません。
われわれ“勘どころ”を持ったプロにお任せください!!

2.塾の利用の仕方による成績不振

次に、いくら成果が出やすい勉強方法を取っているとしても、お子さまのレベルや傾向に合った問題を取捨選択して学習しているかどうかも重要になってきます。
大手の集団塾では、各クラスの上位生5名くらいのお子さまに合わせた授業がなされます。そうでなければ上位生からクレームが出てしまいますから。
また、出される宿題も一人ひとりの弱点や補強点などを考慮した宿題ではありません。

これらの理由より、重要なことは、塾の先生には信じてついて行っていただきたいのですが、お子さまの成績を上げやすい、言い換えると、お子さまの傾向に合った問題や宿題をこなすことが重要となります。
ただ、大量にある問題の中からお子さまに合った問題を取捨選択することは学生や親御さまには難しいと思います。
これもわれわれ“勘どころ”を持ったプロにお任せいただけると幸いですが、『今週のSAPIXの戦略ポイント』『今週の日能研の戦略ポイント』『今週の四谷大塚・早稲田アカデミーの戦略ポイント』を参考にしてみることをお勧めいたします!