日能研|中学受験ドクターは一流プロ講師による個別指導塾・家庭教師!

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • サイトマップ
  • 採用情報

【会員限定!】 塾別 “今週の戦略ポイント”-日能研



日能研

日能研「本科教室・栄冠への道」の “今週の戦略ポイント”です。

 6年 算数

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【算数】 6年 第38回 立体図形Ⅱ 水位と求積/比の利用 【★★★★☆】

今回のメイン問題は、「考えよう5」です。この問題をしっかり理解しどこから問題が出されても解けるように応用力をつけておきましょう。そのためには、考えるべきことをしっかりと頭にいれておくことです。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【算数】 6年 第37回 立体図形Ⅰ 体積と表面積/比の利用 【★★★☆☆】

前回までの速さと比べると楽になります。しかしながら、体積や表面積を求める式はわかっていても、計算ミスをしやすい単元でもあります。また立体の切断になるとお手上げ状態になってしまうという生徒も見かけます。次の2点に注意しましょう。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【算数】 6年 第36回 速さと比Ⅲ 流水算・通過算 ・時計算と比の利用 【★★★★★】

①流水算
川を船が通過するときには4つの速さが作用します。まずは川の流れ、上ろうとする時の船の速さ、下る時の船の速さ、そして、船そのものの速さです。この4つの速さの関係を習得しましょう。

 6年 国語

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【国語】 6年 第38回 物語Ⅴ 文章の続きを創作する/作者・作品と時代 【★★★☆☆】

いわゆる≪ 文学史 ≫の回です。
≪ 文学史 ≫は知識・教養にかかわる分野です。
小学生に興味もないままに丸暗記を強いても効果はありません。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【国語】 6年 第37回 物語Ⅳ 暗示・象徴の内容を類推する/敬語Ⅱ 【★★★★★】

前回の復習をしましょう。
敬語とは・・・話し手が相手に対する敬意を表すときに使用する言語形態です。
敬語の種類
①尊敬語 話し手が相手の動作を表現するときに用います。すなわち、主語(○○ガ)が相手のときは尊敬表現となります。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【国語】 6年 第36回 物語Ⅲ 比喩的表現の内容を類推する/敬語Ⅰ 【★★★★★】

敬語とは・・・話し手が相手に対する敬意を表すときに使用する言語形態です。
敬語の種類
① 尊敬語 話し手が相手の動作を表現するときに用います。すなわち、主語(○○ガ)が相手のときは尊敬表現となります。

 5年 算数

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【算数】 5年 15回 速さⅤ 図形上の点の移動 【★★★★★】

これまでの速さの勉強を踏まえて、今回は、図形上にある点の動きを考察していきます。おさえるべきポイントは2つです。動く点の始点、つまりどこから動き出すのかということと、動く点の速さです。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【算数】 5年 第14 回 速さⅥ 時計算・通過算 【★★★★★】

今回は、時計算と通過算の2単元を勉強します。それぞれのポイントを掴むようにしましょう。
まず時計算は、時計の針の長針と短針の追いかけ算であることに注目です。13回で学んだ出会い算と追いかけ算を時計の長針と短針が行なうのです。長針は1分間に6°進み、短針は1分間に0.5°進みます。長針が短針よりも12倍の速さでどんどん短針に近づきます。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【算数】 5年 第13回 速さⅢ旅人算 【★★★★★】

今回は、速さの旅人算について勉強します。かなり今までと比べるとハードです。心得ていてください。

 5年 国語

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【国語】 5年 第11回 随筆Ⅰ 体験と感想①/名詞・動詞 【★★★★☆】

名詞:名詞を「ものの名前」と覚えている小学生は少なくありません。
しかし、名詞は「ものの名前」だけではありません。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【国語】 5年 第10回 物語Ⅳ 主題/慣用句・ことわざ・故事成語 【★★★★☆】

慣用句、ことわざ、故事成語。3つの違いをきちんと言えないお子さんが多いので、それぞれの違いを(入試には出ませんが)きちんと押さえておきましょう。

日能研 今週の戦略ポイント 本科教室 Ⅳステージ 【国語】 5年 第9回 物語Ⅲ 心情の変化②/複合語 【★★★★★】

二つ以上の言葉が合体したら、複合語といいます。
テキストにあるように、接頭語といって「ご」「お」「ま」というような語がくっついても、接尾語といって「がる」「めく」「じみる」というような語がくっついても、複合語となります。