合格判定が30%以下から80%にアップ。自分がわからない部分を把握して先生に質問できるようになり合格!(関東学院中学進学 女子の保護者様)

[関連キーワード]

合格校

関東学院中学校

Q1 当塾に入塾するきっかけとなったお子様の学習状況を教えてください。

5年生の秋から通っていた集団塾での目標は、6年生の秋には偏差値50というものでしたが、10月の首都圏模試でも国語以外の教科がそれに届かず、特に算数がなかなか上がってこない状況でした。志望校の判定も、毎回合格可能性30%以下で、焦りを感じておりました。

Q2 当塾では、どのような課題に対してどのような指導を受けましたか?

先生には算数をメインに、理科はあやふやな部分の確認も含めてお願いしました。志望校は計算問題の配点が高いので、算数の計算問題4題は全てとる、というつもりでトレーニングを重ねていきました。他校の問題や、口算、単位換算など、どんなものが出ても解けるようにする必要がありました。それと並行して、過去問の解けなかった問題を解説して頂き、それをすぐ翌日に解き直す、ということをくり返していきました。先生に選んで頂いた類題も、授業中に解きました。解法や教え方がとてもシンプルかつ分かりやすく、頭の中で整理しやすい図やメモで、根気強く教えて頂きました。

Q3 Q2の指導の結果、お子様の意識や成績はどのように変化しましたか? 合格の喜びとともに語ってください。

11月の模試で、算数の点数が20点上がり、12月の模試では、あと1点で80%の判定となりました。ここでやっと光が見え始めましたが、過去問を解くと合格者最低点まであと30~40点という状況が続きました。
個別指導なので、授業前に本人が「ここをやってきて、ここがよくわかりませんでした」と、聞くべきことを把握して、きちんと伝えることができるようになりました。最後2週間は、過去問の解き直しをひたすらやり抜き、算数の計算問題と小問が多くとれた日程での合格となりました。ありがとうございました!

関東学院中学の合格体験記
※画像をクリックすると、拡大表示します。

[関連キーワード]

その他の『2019年度合格体験記』の項目一覧

2019年度合格実績のその他の合格実績

2019年度合格実績以外の合格実績


この記事が気に入ったら是非ご登録を