2020 高輪中学|学校説明会レポート①

[関連キーワード],

高輪中学校説明会レポート①(2020年7月1日)


本日はオンラインで行われた高輪中学の学校説明会を、受験ドクター国語講師の太田 陽光がご紹介いたします。

高輪ゲートウェイ駅ができたので、JRから乗り換えなく通えるようになりました。
教育理念「見えるものの奥にある見えないものを見つめよう」を教員も生徒も実践している。本質に目を向ける大切さ。
専任教員率80%により、生徒と深く長くかかわりを持てます。また生徒を複数の教員の目で見守ることができる。
体験学習が高輪中学の柱であるそうです。小さな成功体験を重ねることが自信につながります。また、体験する、実際に手に触れることで、興味。・関心を抱くことになります。
大学進学にも力を入れています。週6日・34時間の半分以上が主要3科目の授業。

都営地下鉄浅草線・京浜急行線「泉岳寺駅」A2出口から徒歩3分
都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金高輪駅」出口1から徒歩5分
山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ駅」出口から徒歩6分

2020年7月1日に行われた高輪中学の説明会での内容をまとめました。
この内容についてのご質問は高輪中学ではなく、受験ドクターまでお願いします。
©高輪中学

プログラム

校長ご挨拶

平野豊校長より、ご挨拶がありました。
その中から一部を紹介いたします。

ご挨拶

6月から学校再開し、7/6の週から通常6時間授業・部活も開始。

立地

高輪ゲートウェイ駅ができてJRから乗り換えなしで通学することができるようになった(中高全生徒1400名弱の28%)。徒歩6分。
通学圏は東京がほとんどだが、神奈川からが1/4を占める。埼玉、千葉もいる。
都心にありながら落ち着いた環境。周りを寺に囲まれ、北側には上皇の仙洞仮御所もある。

歴史

明治18年京都に創立(京都の西本願寺による)→明治34年に移転→明治39年宗教より離れる。
一時期中学の募集を停止いたが、平成元年より中高一貫になり、平成26年より高校の募集を停止した。

教育理念

「見えるものの奥にある見えないものを見つめよう」→表面ではなく、本質に目を向ける。情緒や感性などの内面の成長を個々の違いも鑑み大切に。
理科では観察・実験が多くなる。→(例)中1桜の花弁と額をシートに並べた→手で触れる体験=興味・関心につながる。
国語では作文に力を入れてきた。新教育課程で「国語表現」と名称変わるが、ずっと行ってきたこと。

二つの目標

①人を育てる指導→社会性を身につけさせる(基本的生活習慣の確立)→そのために手帳を持たせ日々感じたこを書かせている(自己管理能力育成のため)が、それを担任とやり取りしている。→生徒と教員の距離が近い(休み時間に生徒と教員が話していることが多い。専任教員8割・主要五科目だと88%・朝から夕方まで生徒と関わっている)学習面・人間関係など生徒の様子を多くの目で見るため。ひとつのことを複数のよく知っている教員が対応。
②大学へ進学→6か年一貫した系統的な学び・実践的なカリキュラム。中高6年間の内容を5年で終わらせ、6年目は演習。基礎力をつけた上で知識・経験・思考力をつける=どんな問題にも対応できる。

バランスの取れた人間形成(授業・部活動・体験学習)

特に高輪は体験学習に力を入れている。小さな成功体験を積み上げることが自信となり成長していく。
高輪中学は「学校らしい学校でありたい」

教育方針について

教頭先生より教育方針についてお話がありました。
そのなかから一部を抜粋して紹介します。

中1・2

学校生活の基本の徹底(基礎学力の徹底・人間関係の構築)教員も一番力を入れる時期。エネルギーの出し惜しみなくし指導していく。

卒業後の進路

GMARCH以上が50%。国公立医学部の実績がここ数年伸びている。私立では、介護の専門学校に進む子や、海外の大学に進学する子も増えてきた。理系・文系は半々くらいの割合。

中3・高1

学力の伸長・発展、進路決定など、「選択」の時期

高2・3

進路の決定・総仕上げ→一つは大学進学、もう一つは学校生活で、生涯続く関係を築き上げ、後輩への伝統の引継ぎを行う→頼もしく感じる。
クラス編成

中1・2

6クラス均等【中3・高1】2クラス→選抜クラス 4クラス→一般クラス【高2】文理に分ける(選抜クラスあり)【高3】選択科目で国私大対応
カリキュラム
週6日 34時間 うち英語7時間(主要3科目で半分以上)=進度早い→日々の復習しっかりと行う必要あり

検定取得状況

現高1(227名)の中3修了時 数検2級1名 準2級192名 3級34名 英検2級9名 準2級74名 3級124名 漢検2級6名 準2級45名 3級157名
※中3からは英語外部試験GTECを全員受験

その他

体験学習
【中1】自然体験学習(上高地)
【中2】農工芸体験学習(会津・喜多方)
【中3】西日本探訪(沖縄)
【中3高1】イギリスサマースクール(希望制)
【高2】海外学校交流オーストラリア→大学受験に切り替える締めの行事
※様々な体験学習は高輪中学の柱 コロナで厳しい今年も、形を変えて行いたい。

クラブ活動加入率
中1 93% 中2 91% 中3 86% 高1 84% 高2 63% 高3 67%(運動部11文化部16同好会10サークルもある)
大学進学
昨年は新教育課程の前年のため、安全志向だった。現役合格率85.8% 現役進学率75・3% 学力中間層の生徒に厚みが出てきた。

入試について

入試広報の安藤先生より入試についてお話がありました。
そのなかから一部を抜粋して紹介します。

入試概況

平均倍率昨年は3倍(例年2.5倍)2021年入試日程に変更なし。
入説を今後は行動で予定。
オープンキャンパスは動画配信。7/11(土)開始
個別相談会 7/12(日)9:30~16:30 高輪中学で行う 一組15分 

参加者から事前に受けた質問に答える

 どんな生徒多い?→いろいろな生徒いる
部活数→先ほど説明(27)中1の部活見学がいよいよ始まる
複数回受験の優遇は→繰上げ対象は2回以上受験者のみ 昨年は0名 一昨年は3名

学校訪問を終えて

教員の専任率が高いことから、ずっと生徒と関わることが可能になり、生徒と教員の距離が近くなるという話は説得力がありました。
大学進学に力を入れている、とはっきり言いきる学校はあまりな印象を持っていたので、高輪中学の強い決意を感じました。
体験学習を大切にしている学校だということが伝わってきました。
昨年の受験で繰上げ合格が0名という事実に衝撃を受けました。人気が上がっていることがよくわかります。

[関連キーワード],

その他の『私立中学 説明会に行こう!』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を