2019浅野中学校 |学校説明会レポート①

[関連キーワード],

浅野中学学校説明会レポート(2019年10月18日)


本日は浅野中学校へ、受験ドクター 白金高輪校校長、浅池 航祐が行ってきました。

・打越アリーナ
・テニスコート(2面)
・ハンドボールコート(2面)

来年の3月に、学校の正門を入って左側に銅像山広場が完成する。

JR新子安駅・京浜急行京急新子安駅より徒歩8分

2019年10月18日に行われた浅野中学校の説明会での内容をまとめました。
この内容についてのご質問は浅野中学校ではなく、受験ドクターまでお願いします。
©浅野中学校

プログラム

学校長のご挨拶

学校長より学校の特徴に関するお話がありました。
その中から一部を紹介いたします。

学校の特徴

文化祭、学園祭を9月に統合してもう40年目の節目となる。OBが20年来に校長室に訪れることがあり、当時と変わったところは「今の生徒は発信力・コミュニケーション能力があること」また、変わっていないところは「生徒の指導に管理の目が行き届いていること」とのことである。

入試について

教務部長より入試要項に関するお話がありました。
その中から一部を紹介いたします。

2020年度中学入試について

受験時は、1教室が50人ほどで、試験後の解散の順番は出願順と同じ。(試験への出願が早ければ受験番号も若く、試験終了後速やかに解散できる)入試の成績と、入学後の成績は必ずしも一致するわけではない。
各科目の詳細について。
受験者平均・合格者平均と差が付きやすい科目は算数・理科。

入試について<国語>

得点層が他教科に比べて広い。記述の問題が多い⇒長文を読み、自分の考えをまとめさせる狙い。問題冊子のページ数は16~17と多い。感じは絶対に落とさない・要点をおさえた記述・目安としては漢字5分、小論25分、論説20分

入試について<算数>

2019年度は100点ごえに人数が集中しており、ここ2年で易化している。問題冊子のページ数は12~13ほど。理科もだが、2020年度入試からは答案が縦長ではなく、横長に変更。問題用紙の左側は問題が載っており、右側は計算スペースが設けられている。下書き用の図も載っている。計算能力を高める・分からない所はとばし、空欄の所をどんどん解いていく・大問で(1)が分からずとも(2)からやってみる・最初に問題全体を俯瞰して作戦を立てる・苦手分野を作らないのが大事

入試について<社会>

2019年度は30点代から50点代に得点の層が集中。問題冊子のページ数は22~26と非常に多い。記述対策をしっかりと・記号は消去法で、また選択肢を細部まで見ないと間違える・公民と地理は一般常識があるので普段から色々なことに興味、関心を持つように。

入試について<理科>

2019年度は30、40点代に得点の層が集中。50点以上を狙うべき。問題冊子のページ数は12~16ほど。分からなくなったら比の計算をする・全ての分野が出題されるので満遍なく・後半の問題が解きやすい場合もある・計算問題の練習をしておくのが大事

学校訪問を終えて

13時からの説明会の前に、12時半から学校内の風景を上映していたが、映っている生徒はみな勉学や部活に向け、真剣に・全力で取り組んでいる様子が窺えた。それは学校側が学業×部活動×学校行事の3本柱の教育が、全生徒の頭・心・身体をバランスよく育てる、と謳っていることからも読み取れる。今回の講演があった打越アリーナ体育館だけでなく、テニスコート・ハンドボールコート・人工芝グラウンド・講堂といった設備の充実さもふまえ、校内で見かけた浅野生はのびのびと、いきいきと学校生活を送っているように見受けられた。

[関連キーワード],

その他の『私立中学 説明会に行こう!』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を