志望校選び

成城学園校が開校して、もう、3か月経ちました。
生徒さんたちは偏差値10~20アップを達成し、さらに高い目標を目指してがんばっています。
落ち着いた和やかな授業で、のびのび力を発揮しているところが、講師陣にとってもうれしいことです。

seijyoinfo20151105

さて、中学受験で大切なことのひとつが、お子さんひとりひとりにあった志望校選びです。
志望校選びの基準はいろいろです。ただ、共通に考慮すべき条件はあるでしょう。
たとえば、通学時間・経路です。6年間通うということになれば、遠距離通学は大きな負担です。通学時間の有効利用をアピールする学校もありますが、よほど恵まれた通学経路でない限り、落ち着いて活用することは難しいかもしれません。また、乗り換えが多い、混雑する経路であるなどの事情は、お子さんの負担を増すことになります。決して、形式的な条件として軽視することはできません。できるときに、実際に登校・下校の時間帯にシミュレーションをしておくことで、通学イメージを具体化することができます。

志望校選びの参考として、学校説明会に参加することは基本です。
学校によって、年度によって、進路実績が上がった年は進路実績をアピールし、思わしくない年は、進路実績の説明を省くことがあります。もちろん、過年度の実績が、これから入学する生徒の実績に直結するわけではありませんが、「しくみ」に自信のある学校であれば、説明はできるはずです。行事等の説明は詳しくしても、学習の様子などの説明は省略することもあります。生徒の活力をひきだす工夫をしている学校かどうかも気になるところですね。
また、学校説明会では、入試に関する話になると会場が反応し始めることが多いのですが、あえて教科出題に関しては一切説明しない学校もあります。そのような場合でも、どのような準備をすればよいかアドバイスを求めれば、何らかの誠意ある解答は得られるはずです。
学校説明会では、学校が積極的に説明する情報だけでなく、各ご家庭が知りたい情報をしっかり得てこられるよう、質問等準備して臨まれることをおすすめします。どのような生徒が、どのような先生の指導を受けながら、どのような環境で、どのように勉強を進め、勉強がうまく進む工夫がどのようになされており、どのようにそれぞれの生徒に適切な進路選択指導をして、どのように達成支援をして、結果が出ているのか、こういった学校の基本を知ることで、安心してお子さんを通わせることができるのではないでしょうか。何となくイメージだけで学校選択をしてしまって後悔なさることのないよう、本気の学校選びをお進めください。
受験ドクターの講師陣は、毎年、多くの学校の説明会に参加し、生徒さんの志望校選びから合格まで的確なアドバイスができるよう、常に、最新の学校情報を共有するよう努めております。ご相談は、いつでもお受けいたします。

それぞれの夢に向けて、これからもいっしょにがんばっていきましょう。
seijyoinfo20151105-2


その他の『校舎ブログ』の項目一覧


お問い合わせ
無料相談受付中 0120-955-568