最新記事 2017年01月23日

テーマ: お悩み解決

2月1日に向けて

みなさん、こんにちは。受験ドクターのAです。

受験ドクターで算、国、理、社の四科目を指導させていただいている幸せな講師です。

 

埼玉入試、千葉入試、お疲れ様でした。

 

第一志望に受かった生徒様、本当におめでとうございます!

ゆっくり休んでください。

 

受験で我慢をした小学生生活を楽しみ切ってください。

入試本番に向けて 1

 

さて、これから東京の私立中学校、神奈川の私立中学校の入試が始まります。

第一志望にしていらっしゃる方が大勢います。

 

入試までの日々をどのように過ごそうとお考えでしょうか?

 

もっとも大切なことはなんだと思いますか。

 

簡単です。

 

風邪をひかない!

インフルエンザにかからない!

 

この時期に風邪にかかってしまうともちろん勉強が出来なくなります。

 

勉強できないこと自体は問題ではありません。

 

なぜなら、今までやってきたことが、一週間で急激に伸びたり、無くなったりすることはないからです。

 

ですが、勉強できないということは物凄いストレス、焦りになります。

 

このストレス、焦りが2月1日~の試験に影響してしまうのです。

 

体調管理で大切なことは、よく寝ること、しっかり食べること、これに尽きると思います。

夜遅くまで勉強して、体に障ることがないように気をつけてください。

入試本番に向けて 2

 

学習面で大切なことはなんだと思いますか。

 

自信をもつ!

 

これに尽きると思います。

では、自信を持った状態で本番を迎えるにはどうした良いでしょうか。

 

「難し過ぎることをしない」

 

例えばですが、やったことがない「超難問算数問題集」や「正答率10%以下マニアック社会問題集」(架空の問題集ですが)を行ってはいけないということです。

 

「解けない」「出来ない」は焦りを生むだけです。

 

もちろん、第一志望の過去問を解いたことがないのであれば、あと数日で早急に行う必要があります。

 

しかし、合格ラインにいる受験生は一通りの過去問を終えられているはずです。

 

余裕をもって、過去問の復習を行ってください。

 

社会、理科はもっとも使い込んだテキストを繰り返しましょう。

 

国語は行ったことがある文章をもう一度じっくり読み、どうしてその答えが導かれるのかを思い出すことに徹してください。

 

算数は過去問を一題一題解く必要はありません。解き方の確認を行ってください。

入試本番に向けて 3

 

試験前日ですが、当然、早く寝てください。

 

緊張して眠れないなんてこともあるらしいですが、目をつむってジッとしているだけで疲労はかなり取れます。

 

眠れないからといってガリガリ勉強するのはやめましょう。交感神経が刺激されて余計に眠れなくなってしまいます。

 

さて、試験当日

 

試験会場が暖かすぎたり、寒すぎたりといった事態に備えて、

服装は、脱ぎやすいものを重ね着していきましょう。

 

朝ごはんはいつも通りが一番です。

ゲンを担いで朝からかつ丼などはやめておいた方が無難です。

いつもと違う朝ごはんでお腹がびっくりしてしまうおそれがあります。

 

でも、バナナを食べると効率よく脳に糖分が行き、脳の働きが良くなるのでバナナ1本はお勧めです。普段食べないバナナを5本も6本も食べてしまうと、またお腹がびっくりしてしまうので、それはよしておきましょう。

 

試験場でお子様と離れるとき、最後の声掛けは「自信を持って!」が、個人的には気に入っています。今まで頑張ってきたお子様の晴れの舞台ですので。

 

合格の声、お待ちしております。

入試本番に向けて 4