「古刹巡礼 ~薬王寺~」 | 個別指導塾なら受験Dr.(受験ドクター)|中学受験専門プロ講師による個別指導塾 通塾・オンライン指導が選べる

「古刹巡礼 ~薬王寺~」

こんにちは、受験ドクター白金高輪校の安部公一郎です。

薬王寺行きました♪

 

先月お参りした魚籃寺から、魚籃坂を上ること2分。

受験ドクター白金高輪校より徒歩4分。

 

坂の途中を左折し、住宅街を進むと左手に、

shirokane_march 1

薬王寺です。

創建は元和7年(1621年)。魚籃寺とほぼ同時期ですね。

日桂上人が麻布狸穴に創建。寛永元年(1624)現在の地へ移ったといわれています。

 

朝顔に つるべ取られて もらい水

 

江戸期の俳人、加賀千代女の有名な句。

中学受験の国語のテキストにもよく登場しますね。

 

その井戸が、ここ「妙荘山 薬王寺」にあります。

早速行ってみましょう。

 

確かに、入口の案内にも「朝顔の井戸」と書いてあります。

shirokane_march 2

 

階段を下ると本堂。

shirokane_march 3

 

 

まずはお参り。

shirokane_march 4

 

ふむ。達筆すぎて読めませんね。「妙荘山」

shirokane_march 5

 

 

本堂前には、見事な梅。

晴れ上がった青空とのコントラストに、心洗われます。

 

これが例の井戸?

 

いえいえ、これは防火槽です。

雨どいから水が溜まるようになっています。

 

お参りを済ませて、

本堂の左手奥に進むと、墓地となります。

 

その一角に、ありました!

shirokane_march 6

 

朝顔の井戸。

 

柱には、句が書かれています。

shirokane_march 7

 

「あさがおに つるべとられて もらいみず」

 

朝顔は秋の季語なんでよ。ビックリ。

夏と間違えやすいですね。

 

実は歌の石碑もあったみたいですが、

気付かずに帰ってきました。。。

写真もなし。

 

でも、

中学受験で有名な俳句の舞台がこんなに近くにあったとは。

生徒たちに教えてあげよう♪

 

受験ドクター白金高輪校では、春期講習の真最中。

1年後、生徒全員が笑顔で入学式を迎えられるよう、日々勉強頑張っています。


その他の『校舎ブログ』の項目一覧


お問い合わせ
無料相談受付中 0120-955-568