栄光学園中学校の入試の特徴 | 個別指導塾なら受験Dr.(受験ドクター)|中学受験専門プロ講師による個別指導塾 通塾・オンライン指導が選べる

栄光学園中学校の入試の特徴

皆さんこんにちは。受験ドクター横浜校の久米です。
今回は神奈川県最難関中学校の一つ、
栄光学園中学校の入試についてお話しいたします。

栄光学園の入試問題は特徴的です。
一般的な模試に出てくるような典型題は少なめで、
今まで受験生が見たことがないような問題が
出題されることが多くあります。

例として、今年2019年度の理科を挙げます。
大問は石積みに関する総合問題1題のみでした。
石積みに生える植物が生物分野、
石積みにかかる力のバランスが物理分野、
石の形やすきまのでき方が地学分野の出題です。

このような奇抜とも思える問題に対し、
「見たことないけど面白い!」と
知的好奇心を刺激されるお子さんを
栄光学園は求めているのだと思います。

それでは、科目別に見ていきましょう、

国語の設問は30字から60字くらいの
中型記述がほとんどを占めます。
出題は論説文・説明文から一題、物語文から一題、
漢字15問の構成です。
近年は自然科学系の説明文が出題されています。
物語文では、外国文学を日本語に
翻訳したものが比較的多く出題されています。
設問自体はそれほど難しくはないのですが、
正解に必要な条件が抜け落ちないような、
丁寧な記述が求められます。

算数は大問が4~5題です。
60分の時間の割に問題数は少なめで、
じっくり問題に取り組めるので、
計算力や処理能力より思考力が問われます。
男子難関校の例にもれず、
正解が複数ある問題が多いので、
特に数の性質や場合の数の問題では、
場合分けをして問題の条件を整理することが必須です。
展開図や見取り図・作図の問題では、
受験生にとって初見となるであろう
新奇な問題が多数出題されます。
典型題の解き方を暗記しただけでは解けないので、
粘り強く思考することが求められます。

理科の出題形式は先に述べたように、
他に類を見ない独創的なものです。
物理・化学・生物・地学の各分野の出題が均等ではなく、
年度によって生物分野や物理分野が
全く出題されないことすらあります。
与えられた資料やグラフを読み取って、
科学的に思考する練習をしておきましょう。

社会ではグラフや写真・絵などの資料を読み取る
記述問題や選択肢問題が多く出題されますが、
難問・奇問の割合は他教科に比べれば少ないです。
基本となる知識を身につけた上で、
代表的な用語の意味を覚えるだけでなく、
用語の説明が記述できるように練習しておけば、
十分に入試問題にも対応できます。

4教科通じての栄光学園の入試の特徴として、
難しい問題と簡単な問題の差が激しいので、
出来なさそうな問題はどんどん飛ばして先に行き、
解けそうな問題を確実に取ることが大切です。

梅雨の季節となり、横浜校の近くでも
紫陽花の花が咲いていました。

yokohama_june

と言いたいところですが、本当はまだ花は咲いていないんです。
紫陽花は、外側の花のように見える部分はがくで、
内側の小さい部分が花です。
内側の部分はまだつぼみです。
受験生の皆さんの花が2月に咲くように
お手伝いしていきたいと思っております。

それではまた。受験ドクター、久米でした。


その他の『校舎ブログ』の項目一覧