【併願校対策2018】秋からの第一志望校対策に注力するために。夏に備えておく。併願校対策。当塾のトップクラス講師陣が、夏期に2コマで、人気併願校の「傾向と対策」を教えてしまいます! 臨時増刊号 2018-07-14

【併願校対策2018】秋からの第一志望校対策に注力するために。夏に備えておく。併願校対策。当塾のトップクラス講師陣が、夏期に2コマで、人気併願校の「傾向と対策」を教えてしまいます! 臨時増刊号 2018-07-14

【夏期講習】やる気が、成績が、偏差値が、ググっと上がる。キミの夏。受験ドクターの夏。この夏、キミの夏を本物のプロの指導力に預けてみませんか。 臨時増刊号 2018-07-10

臨時増刊号 2018-07-14
電話(0120)955−568
詳細・お申込みはこちら
夏に併願校対策とはこれいかに?!
夏期は、基礎的な学力の穴を埋める時期。
そう思っているご家庭は多いでしょう。
秋以降の志望校対策のため、過去問で得点するため、
夏期で地力をつけておく。

その考え自体は、決してまちがってはいません。

でも。
効率よく、かつ最大効果的に入試戦略を立てるなら。
この方法は最高の結果をお約束するでしょう。

例を見てみましょう。

【モデルケースS君の場合】

四谷偏差値四科平均57。
「あこがれ校」は早稲田中学。
「実質的な第一志望校」は芝中学。
「併願校」は「本郷中学」「攻玉社」。

去問4教科1回解くのに、約180分~200分。
採点時間を外しても、
見直し、解きなおしに、約160分。
6時間近くかかります。
これが、5回分として、30時間。
主な受験校4校分として30×4=120時間。
塾のない日の家庭学習時間が6年後期だと、週マックス20時間。
すべての過去問を解いて直しまですると、6週間かかる計算です。
複数回入試がある学校の場合、1校につき10回分解いたりしますので、
実際は、もっとかかることでしょう。

そのうえ。
過去問を解いて、一回直しをするだけでは、
志望校対策としては不十分。
過去問で見つけた「穴」「課題」を埋めていく時間のほうが、
過去問を解く時間よりも大切です。

9月から12月までの4カ月で、
どこまで効率的にかつ最大効果が見込めるように
学習計画を進めることができるかどうかが、
本番の合否を分けることは明白。

そこで。
受験ドクターの提案です。

当塾のトップクラス講師陣が、
夏期に2コマで、
人気併願校の「傾向と対策」を教えてしまいます!

・どんな問題が出題されるのか
・来年の傾向
・具体的対策方法

そのうえで、
2コマの受講時間内に
合格最低点までとれる力をつけてしまおうという、
まさに当塾の「由緒正しいプロ講師」陣だからこそできる指導技を
この夏に単科講座としてご提供します!

志望校対策を知り尽くした
当塾の指導ノウハウを体験しに、
代々木まで足をお運びくださいますようご案内いたします!

電話(0120)955−568
詳細・お申込みはこちら
会社概要
名称 : 株式会社受験ドクター
運営塾 : 中学受験個別指導塾ドクター
住所 : 東京都渋谷区代々木1-55-4 ヤマカドビル3F
塾長 : 安部 公一郎
URL : http://www.chugakujuken.com/juku/

<当塾の特長>
社会人として講師をしていれば誰でも“自称プロ”と言えますが、当社ではそのような自称プロではなく「出自(出どころ)」にこだわっています。 “大手有名塾”のプロ講師であり、かつ“人気がある”講師のみをヘッドハンティングという手法で獲得しています。

講師プロフィール詳細
http://www.chugakujuken.com/juku/prokoushi/

いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。

※このお知らせは、今までに弊社へコンタクトいただいた限られた方へお送りしております。今後、当メールの配信を希望されない場合、大変恐縮ですが下記アドレスのページより配信停止の処理をお願いいたします。
(下記マイページへログインし、ユーザ情報をクリックし、メールマガジン購読設定の「編集」をクリックし、設定を配信停止に設定してください。)

http://member.chugakujuken.jp/mypage

<メルマガ本号担当> 春野
中学受験ドクター. All rights reserved.

その他の『メールマガジン』の項目一覧


  • HOME »
  • メールマガジン » 【併願校対策2018】秋からの第一志望校対策に注力するために。夏に備えておく。併願校対策。当塾のトップクラス講師陣が、夏期に2コマで、人気併願校の「傾向と対策」を教えてしまいます! 臨時増刊号 2018-07-14
この記事が気に入ったら是非ご登録を