『中学受験ドクター』願書を書くときの注意点【vol.76】

『中学受験ドクター』 中学受験を控えた保護者様必読!!【vol.76】2010/12/14

お悩み受信室 ― 願書を書くときの注意点 ―

願書を書くときの注意点

いよいよ出願シーズンとなりました。

受験予定の学校の願書を取り寄せ、もう記入を始めたご家庭もあるのでは。

そこで、皆さんが通っている塾からも「願書を書くときの注意点」について指示があったかと思いますが、今一度確認しておきたいと思います。

(1)受験するかどうか未確定の学校でも、出願可能性のある学校の願書はすべてそろえておく。

~不測の事態に備えて、願書はすべてそろえておいた方が無難です。

あとから必要に迫られて取り寄せようとしたが、時すでに遅しなんてこともありますから。

同様の理由で、写真も多めに用意しておきましょう。

(2)未記入の原本をコピーし、まずはそのコピーに下書きをしてみる。

その後、原本に清書。

~いきなり原本に書き込むのは避けて下さい。まずはコピーに下書き。

表現がおかしい部分はないか、記入欄におさめるには字の大きさはどれくらいが適切か、修正すべき点があれば修正。

その後、原本に清書します。

(3)記入内容に迷ったら、塾の先生に相談。

~「志望理由」「本校以外の受験校」など、書きにくい内容について悩んだら、遠慮なく塾の先生に相談しましょう。

室長クラス・学年主任クラスの先生であれば、毎年同様の相談を受けているので、大抵の内容についてはその場で返答してくれるはずです。

経験の浅い非常勤講師だと「わからない」と言えずにデタラメなことを言ってその場をしのぐ者がいるので、質問は避けた方がよいでしょう。

(4)清書した原本は、すべてコピーをとっておく。

出願後に「もしかしたら書き損じをしたような気がする」と不安がるご父兄が、なぜか毎年いらっしゃいます。

そんなときのために、コピーをとっておけば、書いた内容が手もとに残っているので安心です。

また、面接がある学校を受験する場合は、願書の記入内容をもとに面接では質問が飛んできます。

書いた内容を親子で共有しておかなければならないので、やはりコピーが必要です。

(5)出願の際に必要な報告書・調査書を学校の担任にお願いする場合は、冬休み前に。

~報告書・調査書は不要とする学校が増えてきたとはいえ、場合によっては担任の先生一人で20校前後の報告書を書くことも。

時間を割いてもらうわけですから、遅くとも冬休みに入る前にお願いしておきましょう。

また、毎年ご相談がある「担任が受験に好意的ではない場合、どうすればよいか」という問題。

「先生のお考えにそぐわないかもしれませんが・・・」となるべく下手に出て、丁重にお願いするしかありません。

それでも難色を示すような担任の場合は、校長先生に相談しましょう。

年が明けると、ご父兄の皆さんにとってもなんとなく落ち着かない日々になります。

比較的落ち着いている年内に願書を書き上げておくと、慌てず焦らず出願できます。

忙しくて時間が取れないという方でも、少なくとも下書きまでは完了しておいた方がよいでしょう。

何事も、早め早めの準備がおススメです

 

 
↓↓↓

中学受験ドクターでは、現役講師陣が学習相談にのっています。

冬休み期間の学習相談も承っております。

詳細はこちら↓↓↓

個別指導塾ドクター

http://www.chugakujuken.com/juku/index.html

家庭教師ドクター

http://www.chugakujuken.com/

◆全ての講師が偏差値20アップノウハウを体得、取得

 

「ドクターコースとマスターコースの違いは何ですか?」

ドクターコースは、

SAPIX・日能研・四谷大塚などに在籍されていた中学受験専門一流プロ講師が、

オーダーメイドによる個別指導をするコースです。

独自の「偏差値20 アップノウハウ」を体得した講師陣の授業を、

最大1:2の個別授業で受講できます。

マスターコースは、

ドクターの一流プロ講師が指導・教育した「中堅プロ講師」が、

オーダーメイドによる個別指導をするコースです。

「偏差値20アップノウハウ」を伝授された講師陣の授業を、

お手ごろな価格で受講できます。

「進路の相談に乗ってほしいのですが?」

個別面談の場を設けますので、担当講師の方まで

お気軽にご相談ください。

こういった全国から寄せられる質問に、

お答えしております。詳細はこちら

↓↓↓

http://www.chugakujuken.com/juku/index.html

中学受験情報局 ― 4年生・5年生へのアドバイス ―

4年生・5年生へのアドバイス

6年生は志望校対策の真っ只中。

では、4年生・5年生のやるべきことって?

詳細はこちらから↓↓↓

https://www.chugakujuken.com/koushi_blog/okano/45.html

◆中学受験セミナーの講演動画をアップ!

9/25、東大本郷キャンパスにて行われた中学受験セミナーに、受験ドクター講師陣が出演しました。

当日の様子を動画でレポート!

『大手塾にはできないこと  ~大手塾で伸び悩む皆様へ~』

大手塾のメリットとワナって?

国語を伸ばすには?

会場に来て頂いた皆様、大変ありがとうございました。

来て頂けなかった方も、是非動画を確認してみて下さい!

詳細はこちらから↓↓↓

http://www.chugakujuken.com/juku/featured/20100925.html

 

≪ 秋の勉強態勢、万全ですか?≫

めっきり寒くなり、冬の訪れを実感する今日この頃。

新型インフルエンザが猛威を振るった昨年と比べて、今年は穏やか。

でも、受験生ならば予防接種を済ませておいたほうが安心ですね。

残り2ヶ月を切り、6年生は完全なる受験モードに突入。

志望校合格に向けて各自がやるべきことを明確にしておくこと、そして、それに全力で取り組める環境を整えておくことが肝要です。

受験ドクターでは、目標、現状、性格をしっかり分析。

生徒一人一人に合った、効率の良いカリキュラムでこの冬の勉強を全力でサポートしています。

頑張りが、実を結ぶために。

プロの講師にしか出来ないことがあります。

出講可能な講師

ドクターコース

安部講師(元SAPIX講師・算数のエキスパート)

海田講師(元栄光ゼミナール講師・算数のエキスパート)

野村講師(元SAPIX講師・算数のエキスパート)

鳩山講師(元SAPIX講師・理科&社会のエキスパート)

D講師(現CAP講師・社会&国語&理科のエキスパート)

松岡講師(元日能研講師・理科のエキスパート)

M講師(元SAPIX講師・算数のエキスパート)

M講師(元SAPIX講師・国語のエキスパート)

吉成講師(元早稲田アカデミー講師・国語のエキスパート)

河井講師(元市進学院講師・算数&理科&国語のエキスパート)

マスターコース

一ノ瀬講師(現S塾講師・算数のエキスパート)

※イニシャル表記の講師は、ヘッドハンティング間もない先生のため、お名前を伏せさせて頂いております。

冬期講習期間の学習・通塾に関するご相談も承っております。

ご遠慮なくお電話下さい!

中学受験個別指導塾ドクター【自由が丘校】

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-3-7 自由が丘ビル1F

(東急東横線・大井町線 自由が丘駅より徒歩5分 玉川聖学院横)

詳細はこちらから ↓↓↓

http://www.chugakujuken.com/juku/news/jiyuugaoka2.html


その他の『メールマガジン』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を