たまプラーザ校

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • サイトマップ
  • 採用情報

たまプラーザ校

住所

〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-14
プリメールたまプラーザ 103


※iPad、iPhoneの標準の地図アプリをご利用の場合、建物名まで入力すると
位置表示がずれる場合がございますので下記住所で検索お願いします。

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-14

最寄交通機関
東急田園都市線 たまプラーザ駅より
徒歩3分
電話番号 03-5304-8225
FAX 03-5304-8227
たまプラーザ校 校長 澤田重治より
澤田重治校長

合格の先にある成長にこだわる教育を
塾講師は受験のプロですから、「成績向上」と「志望校合格」にこだわるべきだと言われます。
もちろんその通り。でも、それだけでは、本物のプロ講師ではない、と私は思います。
お子様の合格のために人事を尽くすことは大前提、そのうえで、プロ講師が合格の向こうに見据えなければならないのは、「中学に入学した後のお子様の成長」ではないでしょうか。
保護者の方々が本当に求めているのは、我が子の実りある未来だと思うのです。

例えば、お子様に無理やり勉強させたとしましょう。ある種の強制力をもってして仮に机に縛り付けたとして、結果的に希望の中学校に合格できたとしても、入学後も学習を続ける可能性は低いのが現実です。

私たち「本物のプロ講師」が目指す志望校の合格は、ゴールではなくスタートです。
お子様に合った(と保護者が考える)環境を得るための入試ですから、実は入学してからが本当の闘いなのです。

実際、この先にある大学入試という壁は、勉強を好きにならないまでも、少なくとも嫌いにはならないようにしなければ、到底乗り越えられません。また、楽しくなければ長続きはしませんから、より高いレベルを目指していくには「目標に向かって努力することの楽しさ」を知る必要があります。
その観点から考えれば、入試を通してお子様に身につけさせるべきことは、中学に入学してからも伸び続けられる基礎力と、効率的な学び方、そして、それにより「成長することは楽しい」と感じる気持ちです。

余談ですが、私のペンネームである「澤田」は、私自身が教えを受けた恩師の苗字です。そして、その恩師はいつも私に、「釣った魚ばかりを欲しがろうとせずに、魚の釣り方を覚える努力をしろ」と叱ってくれました。当時の私には、その本当の意味は分かっていませんでしたが、今になって思うのは、それこそが教育の本質だったということです。

このたび、受験ドクター8番目の校舎として誕生したたまプラーザ校。私は、この地で魚の釣り方をお子様方に教える環境をつくりたいと思っています。
せっかく中学受験に挑戦するなら、目の前の合否だけを求めるのではなく、長い人生の中で一生使える「知恵」を身につけてほしいのです。

受験ドクターたまプラーザ校に、どうぞご期待ください。
私たちは、「根本原理」を学ぶことで効率的な学習を行い、「勉強を楽しむ、好きになる」偏差値20アップ指導法の実践の場として、志望校合格とともに未来に資する学びを提供することをお約束します。