『中学受験ドクター』お悩み受信室:子供の成績が振るわないが、滑り止めは作りたくない【vol.52】

『中学受験ドクター』 中学受験を控えた保護者様必読!!【vol.52】2010/6/15

お悩み受信室 ―子供の成績が振るいませんが、滑り止めは作りたくありません…―

子供の成績が振るいませんが、滑り止めは作りたくありません…

子供の成績が伸びず、志望校になかなか届きません。
塾の先生には安全校として偏差値のかなり低い学校も受験することを勧められましたが、そこまで妥協する位なら高校受験でリベンジさせた方がいいのではとも思います。
どうすればいいでしょうか?

お子さんを私立中学に行かせたいと思った理由が偏差値や大学進学実績だけなら、“高校受験でのリベンジ”を考えるのも仕方ないかもしれません。
ただ、親御さんがそう望むのと、本人の気力がもう3年続くかどうかは別問題です。
お子さん自身が志望校に対する強い情熱を持っていて、「どうしてもこの学校、もしくはこのレベルじゃないと」と思っているのであれば、高校受験リベンジもアリでしょう。
ですが、ほとんどの場合、子ども自身は 2~3年の受験勉強でくたくたになっています。

高校受験生を教えていた頃、中学受験失敗組の生徒を持っていました。
最初の頃は好成績をキープしていましたが、中1の秋ごろから冬にかけてずるずると成績が降下。
どうしてだろうと思い、ベテランの先生に相談したところ、こんな返事が返って来ました。
「あいつ、中学受験失敗組でしたよね?…まあ、そんなもんですよ。今まで成績良かったのは実力じゃないですから。ただ中学受験での貯金があっただけです。結局自分で勉強しないから周りが力付けてくると相対的に落ちるんですよね。中学受験の時と同じような成績に落ち着くパターンも多いですよ」
もともと勉強することに疲れているのと、なまじ中学進学当初は大した勉強をせずに人より良い成績が取れてしまうために、結局努力する習慣が身に付かずに伸びしろが制限されてしまうということのようです。

それでもある程度の偏差値レベルを求めてまた3年越しの受験をさせるか、それとも確実に私立に入れて中学の3年間勉強以外の経験も充実させるか、それは各ご家庭の教育方針ですので、私がとやかく言えることではありません。
ただ、(嫌々ながらでも)色々なことを我慢して受験勉強を続けてきた子に、「お父さん(お母さん)の満足するレベルの学校に入れなかったから、また3年間受験勉強してね」というのは、少し酷な気はします。

志望校の何に惹かれましたか?
偏差値や進学実績だけなら何も言いません。
教育方針や校風などにも惹かれて決めたのなら、偏差値的には物足りないと思う学校の中にも、同じような魅力を感じる学校があるかもしれません。
まずは学校の情報を集めてみてはいかがでしょうか。
それから判断しても良いと思います。

↓↓↓

中学受験ドクターでは、現役講師陣が学習相談にのっています。
また、新5・6年生の学習・通塾に関するご相談も承っております。

詳細はこちら↓↓↓
個別指導塾ドクター

http://www.chugakujuken.com/juku/index.html

家庭教師ドクター

http://www.chugakujuken.com/

全ての講師が偏差値20 アップノウハウを体得、取得

「ドクターコースとマスターコースの違いは何ですか?」

 

ドクターコースは、
SAPIX・日能研・四谷大塚などに在籍されていた中学受験専門一流プロ講師が、
オーダーメイドによる個別指導をするコースです。
独自の「偏差値 20アップノウハウ」を体得した講師陣の授業を、
最大1:2の個別授業で受講できます。
マスターコースは、
ドクターの一流プロ講師が指導・教育した「中堅プロ講師」が、
オーダーメイドによる個別指導をするコースです。
「偏差値20アップノウハウ」を伝授された講師陣の授業を、
お手ごろな価格で受講できます。

「進路の相談に乗ってほしいのですが?」

個別面談の場を設けますので、担当講師の方まで
お気軽にご相談ください。

こういった全国から寄せられる質問に、
お答えしております。詳細はこちら
↓↓↓

http://www.chugakujuken.com/juku/index.html

中学受験情報局 ― 算数の鉄則―

算数の鉄則

そんなやり方していて計算ミスしても知りませんよ?
絶対にハズしてはいけない、計算する時のマスト2点!

詳細はこちらから ↓↓↓

https://www.chugakujuken.com/koushi_blog/matsuura/post_192.html

≪ 夏の準備、万全ですか?≫

夏休みが近づいてきました。
受験生にとって夏は“天王山”と言いますが、それだけに効果のある勉強をしたいもの。
折角の集中して勉強できる時間、ただがむしゃらに塾の宿題をこなすだけにはしないようにしましょう。
今出来ていないところ、弱いところはどこですか?
そこを克服するためには何をすべきでしょうか?
自分なりの“夏”の計画、しっかり立ててから夏本番に臨みましょう。

出講可能な講師

ドクターコース
安部講師(元SAPIX講師・算数のエキスパート)
海田講師(元栄光ゼミナール講師・算数のエキスパート)
野村講師(元SAPIX講師・算数のエキスパート)
菊池講師(元SAPIX講師・理科&社会のエキスパート)
D講師(現CAP講師・社会&国語&理科のエキスパート)
松岡講師(元日能研講師・理科のエキスパート)
M講師(元SAPIX講師・算数のエキスパート)
M講師(元SAPIX講師・国語のエキスパート)
吉成講師(元早稲田アカデミー講師・国語のエキスパート)
河井講師(元市進学院講師・算数&理科&国語のエキスパート)

マスターコース
I講師(元SAPIX講師・算数&理科のエキスパート)
一ノ瀬講師(現S塾講師・算数のエキスパート)

※イニシャル表記の講師は、ヘッドハンティング間もない先生のため、お名前を伏せさせて頂いております。

夏期講習期間の学習・通塾に関するご相談も承っております。
ご遠慮なくお電話下さい!

中学受験個別指導塾ドクター【自由が丘校】
〒158-0083  東京都世田谷区奥沢7-3-7 自由が丘ビル1F
(東急東横線・大井町線 自由が丘駅より徒歩5分 玉川聖学院横)

 

詳細はこちらから↓↓↓

http://www.chugakujuken.com/juku/news/j

iyuugaoka2.html


その他の『メールマガジン』の項目一覧


  • HOME »
  • メールマガジン » 『中学受験ドクター』お悩み受信室:子供の成績が振るわないが、滑り止めは作りたくない【vol.52】
この記事が気に入ったら是非ご登録を