2018 頌栄女子②|学校説明会レポート

[関連キーワード],

頌栄女子学院中学校説明会レポート(2018年11月6日)


本日は頌栄女子学院中学校へ、受験ドクター 佐々木 裕子が行ってきました。

校舎、校庭は歴史を感じさせる作りになっており、荘厳でした。

まず、都営浅草線高輪台駅を出て、本当にすぐにある正門にびっくりしました。
駅を出てすぐ、雨にも濡れずに校舎に辿り着くことができます。
そして、中に入ってみると、都会とは思えない緑豊かな環境に、また驚かされました。
緑と花に囲まれた中庭を通ると校舎に辿り着き、
校舎を出て道なりに歩くとグラウンドへ。

しっかりと学べる環境が整っていると感じました。

 
地下鉄浅草線 高輪台駅 徒歩1分
JR・東急池上線 五反田駅 徒歩10分
JR・京浜急行線 品川駅 徒歩12分
地下鉄南北線・三田線 白金台駅 徒歩10分
 
平成30年11月6日に行われた頌栄女子学院中学校の説明会での内容をまとめました。
 
この内容についてのご質問は頌栄女子学院中学校ではなく、受験ドクターまでお願い致します。
 
©頌栄女子学院

プログラム

校長ご挨拶

頌栄女子学院 岡見 清明校長よりご挨拶がありました。

沿革などについて

「頌栄」という意味は、神の栄光を褒め称えるという意味があり、学院の特色を表している。
男女は同権ではあるが、同質ではない。
厳しい時代であるからこそ、自分で考え、自分でどう生きていくのかを考えていかなくてはいけない。
頌栄では、魅力ある品位のある女性になって欲しいと願っている。
8:15~礼拝の時間を設けている。
高校生は毎週火曜日、中学生は毎週水曜日は、7:55までに登校し礼拝をしている。

家庭と連携し厳しく指導はしているが、荷物検査などはしていない。
月曜日から金曜日の週5日制をとっている。日曜日は、教会へ行くことを勧めている。しかし、強要ではない。
キリスト教の教えに基づいて授業も行っており、聖書の時間も週1回、中高共に取っている。
校外学習も行っており、長野の山荘でワークキャンプをしている。
お年寄りの方たちや、地元の人と触れ合い、「共に生きる」をテーマに奉仕活動を行っている。

学校生活

生徒指導部長 塚田智矢子 先生より、学校生活に関するお話ありました。

子どもは神様からさずかったもの。大切に育てていきます。
休み時間も教員室の周りに生徒がいたり、生徒と先生が近い存在。
お弁当でも大丈夫ですが、食堂もあります。420円で定食がある。

教育課程・指導方針について

小島 和夫教頭より、教育方針に関するお話ありました。

指定校推薦枠を持っているが、ほとんど使っていない。2018年は2名のみ。
在校生のほとんどが4年制大学を志望しているため、早い時期から進路指導を行えるようにしている。

英語は標準より多い、週6時間を設けている。
会話の授業も含め、帰国と一般生が互いにコミュニケーションできる場も設けている。
高校一年生で英検2級取得が標準としている。

数学も標準より多い時間数を設け、習熟度別授業を行っている。
「塾にいくべきか?」という質問も受けるが、高校の授業をマスターしていけば、塾は必須ではない。

高3生には、月・水・金の午後にはセンター用の授業を設けている。
大学入試センター試験が2020年変わるということについては、マスコミに流されないようにしていただき、学ぶことの本質を捉えて欲しい。

学院生は、明るく元気で、積極性がある。
95%の生徒がクラブに入り、時間をうまく使ってやりくりしている。
理系が3割。

入学試験について

2/1 100名 2/2 100名で昨年の合格者は1日113名、2日目116名。
繰り上げ、補欠はだしません。
算数がやや難しくなっています。
算・理で差がついている傾向にあります。

■国語
できるだけタイプの違う文章を2題出す予定。
ことわざ、慣用句など日々学んだものの成果が出るように出題している。
文章を読むときも、要を得た速読力を習得して欲しい。
記述問題では、作問者が何を書かせたいのかを読み取るようにしてください。

■算数
小問を取りこぼさないように、確実な計算力と分析力を要求します。

①速く正確な計算力
②図形を言イメージする力
③問題文を的確に読み取る力
④自分の考えを相手に分かり易く説明する力

を重視している。
パターンで覚えるのではなく、その過程を明確に理由をつけて解答できる力。

■理科
最近の科学に関するニュースにも、日ごろから関心を持つよう心がけて欲しい。

■社会
学んできた知識と、新聞やテレビで伝えられていることを結び付けて考えられているか。
また、その一つの事実に対して自ら考える習慣が身についているかも大切。

■面接
保護者同伴という形式で行います。
時間は5分程度。父母の両方か、どちらかでも大丈夫です。
それで合否がわかれることはありません。

[関連キーワード],

その他の『私立中学 説明会に行こう!』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を