中学受験 ドクタープロ講師に聞く!この時期の学習法2【vol.219】

第219号 2014-04-25

○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メインコンテンツ
 □ ドクタープロ講師に聞く!この時期の学習法2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○
お知らせコンテンツ
 □ inter-edu. (インターエデュ)で人気塾ランキング一位になりました
 □ 会員限定「塾別!今週の戦略ポイント」更新ニュース
 □ 算数ポイント集お知らせ
 □ プロ講師による電話無料相談のお知らせ(直通ホットライン)
 □ 資料請求

こんにちは!

GW目前ですね。

GS特訓など
塾の講習があるご家庭や
空いた時間に家庭学習を計画するご家庭。

中学受験を控えたご家庭のGWは
夏休み前のまとまった時間として、
戦略を練るご家庭も多いかと拝察いたします!

もちろん、
5年生以下のご家庭では、
家族そろっての行楽のご予定もおありでしょう。

夏が天王山といわれるため、
どうしてもこの時期
「夏があるさ」と気が緩みがち。

でも夏の一日も
今の一日も
同じ一日なのです。

学校がないから時間はたっぷり。
いえいえ、
塾の講習に縛られて、
拘束時間のわりに
身に付くのはほんのちょっぴり。

実は思ったほど
定着しないのが夏休みなのです。

さあ、少し気を引き締めて、
せっかくのGW、
まとまった時間に
一つでいいので課題を設定して克服しましょう!

前回に引き続き今回も
受験ドクターの豪華な講師陣が
この時期の学習内容について
アドバイスいたします!

ドクタープロ講師に聞く!
この時期の学習法2

M講師(算数)
大学受験時の学力は全国トップ10。膨大なデーターを苦も無くインプットし、あっという間に分類、仕分けして必要な時にさっと引き出す、生まれついての脳の健康優良児。
生徒の抱える問題を瞬時に見抜き、最適な処方をするスーパードクターとして活躍中。
親しみやすさは持ち前のユーモアセンスと寛容さゆえ? 生徒からはもちろんのこと、親御様からの信頼は不動の、華があるドクターの大人気講師です。

この時期の学習内容ですね。
そうですね、まずは、自分自身の得手不得手を知っておくこと。
そしてそれを意識して克服課題として計画的に学習すること。
ですかね。

志望校なんざ、今はどこでもいい。
目先のやるべきことをこなすことのほうが大切です。
それが後々の志望校対策に生きてくる。

今は地ならしの時期。
一週、一週の学習内容を大切にして、
積み残しを作らんことです。

ここで学年に分けて話しましょうか。

まず5年生以下。
積み残しは
GWに少しまとまった時間がとれるから、
そのときにする。

欲張らないことも大切ですが、
積み残しを減らすことも重要。

無理せん程度に無理してください。

次に6年生。
塾でGWに特別講習があるなら
そのときに受験生になってください。

精神的に受験生になったら、
自然と学習態度にも反映されます。
特に精神的に幼い男の子、
入試問題にちょこっと触れて、
本番の風のにおいを嗅いでください。

受験生としての意識づくりが
この時期もっとも大切なんです。

O 講師 (国語・社会)
慶應義塾高等学校から慶応大学法学部、慶応大学大学院法学研究科博士課程へと進まれた、広い学識と深い見識をお持ちの超ベテラン講師。穏やかで静かな口調・雰囲気からは想像もつかない鋭さで、お子さんの課題を的確に見抜き、最適な学習提案をなさる、中学受験界の名医です。お子さんの理解を導く対話方式の指導は最も得意となさるところ。
解答に至る思考の論理性を引き出すノウハウを伝授する徹底指導で、一人一人に静かな熱情をもって誠実に向き合ってくださる、ドクターお勧めの講師です!

今回は5年生以下のお子さんと、
6年生のお子さんとに分けて、
社会のお話をいたしましょうか。

5年生以下のお子さんはですねえ、
グラフや数値から情報を読みとる練習、
また二つ以上のものを比較して
比べることで
それぞれの特徴をとらえる練習、
この二つが大切なんですね。

6年生はまだ公民の分野に入っていませんね。
でも政治のニュースを調べたり、
家族で話し合ったりすること、
記事をスクラップして内容をまとめる、
こういったことを
意識的に少しずつおこなうことで、
公民分野のみならず、
時事問題にも強くなります。

入試直前に時事問題をまとめてする塾が多いんですが、
記述型の学校など、
付け焼刃では太刀打ちできません。

今のうちに
ある程度の理解を深めておくことが大切です。


吉岡 英滋 講師 (算数)
SAPIX算数担当講師。
関西の洛星中学から父親の転勤で関東へ越し、栄光学園に編入。
東京大学に進学。ご卒業後、かねてから興味のあった教育業界へ飛び込み、現在ドクター期待の新人としてご活躍中です。
ご本人曰く、「やる気を引き出す天才と自負しています。偏差値を3日で20上げることは不可能でも、3日でモチベーションを120%にする事は出来る」!
実際、吉岡先生の段階的指導法で、子どものモチベーションが上がり、気が付くと成績がアップしていた!という声多数。
一見さわやかな好青年風ですが、実は芯に一本通った頼りがいのある、当塾が自信を持ってお勧めする講師です。
⇒講師プロフィールはこちら

6年生はひたすら基礎固めですね。
今の時期、
応用問題にいたずらに手を出してこけるより、
単元全体を俯瞰して
怪しい分野の洗い出しをして、
そこを重点的に基礎固めすることが大切です。

GW前にできるなら全体を軽く一周して、
積み残し単元を探してみましょう。

欲張らず、
課題を絞ってGW中に攻略!です。

中学受験ドクターでは、会員のみなさまにお役にたつ情報をこれからも配信してまいります。こんなことが知りたい、聞きたい!ぜひリクエストください。

そして中学受験に関するお悩み、ご質問はプロ講師による電話相談(無料)をご活用ください!
ドクターは、中学受験をとおして、子どもたちの未来づくりのお手伝いをしています。


その他の『メールマガジン』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を