中学受験 「私の見たA君の場合」【vol.184】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆中学受験を控えた保護者様必読!!◆
プロ講師、プロの家庭教師による偏差値アップ!合格力アップ法!
中学受験 
あきらめない先にあったもの
    「私の見たA君の場合」
第184号 2013-07-08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏休みは目前。
受験勉強で大変な夏だという思いとは別に、
やはりお子さんにとってはうきうきする季節の到来ですね。

日々お子さんと接していて、
子どもの活力、再生力(?)にはいつも驚かされます。

今日はそんな観点から、
生徒さんのエピソードについて語っていただきます。
今回私がお話を伺ったのは、長年にわたって
早稲アカのNN開成のクラスを担当、
西日暮里校を初めとする校舎長を歴任された、
当塾のスーパードクター講師、国語担当のN先生です。

○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━

N 講師

元早稲田アカデミーNN開成国語担当講師。
西日暮里校、新宿校などの校舎長を歴任。
当塾ではスーパードクター講師としてご活躍中。

数多くの受験生をみごと開成合格に導いてきた
その手腕をドクターでも遺憾なく発揮中。
ドクターの主軸コンテンツ
『偏差値20アップ指導法 国語読解方程式』
執筆者でもあります。
温厚で落ち着いたお人柄と業界最高峰に属する
優れた国語指導論を携えて、にこやかに
じっくりと国語をお子さんの得意教科にしてしまいます。
笑顔に隠れた教え子への熱い思いは語りだすととまらない!
メンタル面も含んだ受験生活全般を
包括する目配りの細やかさでご家庭からの信頼も抜群。
当塾が絶大な自信をもって
お勧めするカリスマ講師のお一人です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■
早稲アカ時代はどんな先生でしたか?
■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■

春野 N先生は長年早稲アカで教えていらっしゃったんですよね。
   早稲アカ時代はどんな先生だったのでしょうか?

N 実はですね。
   意外に思われるかもしれませんが…とても厳しい講師でした。

春野 ええっ?!(本気で驚く)。
   N先生が、ですか?

N ええ。ご存じのように早稲アカは体育会系のノリの集団塾です。
   授業中はたとえ授業と関係のあるものであっても、
   講師の許可を得てからでないと
   生徒は発言させてもらえないんです。
   勝手に思いついたことを口にすることは許されない。

春野 規律を重んじる、硬派な塾なのですね。

N 硬派。まさしく、です。
   私は担当したクラスでは
   最初に生徒にきちんと話をしていました。
   どれだけ間違ってもいい!間違いは一生懸命やった結果だ。
   間違いからしっかり学ぶことができるんだ。
   でも、さぼったり、勝手なことをして
   周囲に迷惑をかけるのは許さん!と。

春野 初めにガツンと。

N はい。ガツンと。
   生徒の身になる指導のためなら、一切の妥協なし!
   の姿勢を貫きました(微笑)。

■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■
印象深いエピソードをお願いいたします!
■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■

春野 今の温厚なN先生からは想像もつかないのですが。
   やはり集団授業と個別とでは指導方法も異なりますか?

N そうですね、規律を重視しなくとも、
   (個別の場合)自然と身近でコンタクトできますので、
   指導内容がダイレクトに伝えられますし、
   その意味では(個別は)とてもやりやすいですね。

春野 本来の穏やかなお人柄でいられる、と(笑)。

N そうですね(微笑)。厳しさは封印できますね。

春野 厳しいN先生も見てみたい気もいたしますが(笑)。
   そんな早稲アカ時代の印象深いお話などございますか?

N あります。枚挙にいとまがない、とまでは申しませんが、
   生徒さんを通して多くの貴重な体験はさせていただきましたね。
   一番強い印象に残っているのはやっぱり彼かなあ。
   彼、A君は開成志望の生徒さんで、でも実は
   NN開成クラスの入室試験に4回連続で落っこちてたんです。
   NN開成の入室テストは開成の類似問題になっていますから、
   普通、落ち込みます。自分は開成向きではないのでは?と。

春野 そのA君、よくあきらめませんでしたね。

N そうなんです。
   で、ラストチャンスの5回目でようやく
   基準点に達してNN開成クラスに編入してきた。
   10月下旬、わずか3か月の在籍でした。
   私ねえ、そのA君が初めてNN受講する日のこと、
   昨日のことのように覚えているんですよ。

春野 と言いますと?

N 授業前に私のところにわざわざ挨拶にきてくれたんです。
   くりくりした目の小柄な子だったんですが、まっすぐ私を見て
   『ぼくは今までずっとこのクラスを落ち続けた。
   この中にいるだれよりも短い間しかここで学べません。
   でもその分、だれよりも教わったことを完璧に頭に入れます。』
   って。力強く宣言してきた。ぞくっとしましたね。
   この子、本気だ!って。
   目力(めぢから)って言うんでしょうか、
   まさしくそれを感じました。

■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■
   あきらめない心の強さ
■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■

春野 すごいですね。で、それを実行した、と。

N すごかったです。
   授業中の集中度合いが。
   こちらがちょっとした冗談を言うと、
   真面目な顔でそれまでメモしている、そんな勢いでした。
   一種の凄味があった。
   その凄味を抱えたまま、結果を残した。

春野 合格したんですね!

N ええ、開成、そして筑駒と。
   だれも彼には期待していなかった。
   がんばっているけど、かわいそうに、
   望みは薄いだろうな、と。

春野 でも、N先生は予感してたのでは?

N どうでしょう(微笑)。
   でも、合格を聞いたとき、どこかで
   やっぱり、という思いはあったような気もします。

■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■
   努力できる才能はだれでもある
■□■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━■□■

春野 A君は開成に進学したのではないですか。

N よくわかりましたね。
   筑駒に行かず、開成を選びました。
   当初の思いそのままに。
   私はA君が特別優れた生徒だったとは思っていません。
   特別優れていれば、もともと一生懸命やる子だったんです、
   もっと早くにNNクラスにも来られたでしょう。
   でも、彼には努力しつづける才能があった。
   そして、その才能は実はどの子も
   みんな持っているんだと思うんです。

春野 うちの子、努力しないんです!
   という親御様のお悩みはよく聞きますが…

N そうですね。
   やはりどうしても何かを欲する、
   その熱、そういったものに浮かされたとき、
   人は努力できるのでしょう。
   であるならば、自分が本当に欲していることは何か、
   自分はどうしたいのか、そういった中学受験をする目的、意義、
   そういった根本を親子で見直してみることも必要でしょうね。
   未来に夢をもつ力。
   先に待っていることにわくわくする思いを抱かせる、
   そんな仕掛け、環境づくりを
   こちらも用意していきたいと日々思っています。

春野 今日は胸が熱くなるお話をありがとうございました!


その他の『メールマガジン』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を