最新記事 2019年05月10日

テーマ: その他

知られざる学校名物~第10弾

みなさん、こんにちは。 海田真凜です。

10連休 終わりましたね。
有意義な時間を過ごせましたか?

毎年GW間近になると繰り広げられる
担当生徒との熱き闘い。

勉強道具を一切持たずに
海外逃亡・国内豪遊を企てる6年生 
VS
阻止する海田

umida1

昨年はドバイ・ハワイ・モルジブ
3名の海外組がいて
早々と白旗宣言。

今年はこの年齢になってようやく大人な考えに至り
休むときは思いっきり休ませようという考えに切り替えました。

折角の10連休 羽を伸ばしておいで~

柔らかな笑顔で送り出そうと思っていたのに

あれっ?
考えを切り替えた今年は
海外に行く生徒がいない。

海外はおろか
国内旅行する生徒もいない。

6年生、全員真面目に学習に取り組んでいます。

なんともまぁ
落ち着いた10連休でした。

さて、本題。

今回のお題は      
「知られざる学校名物 ~ 第10弾」  

記念すべき10回目。

でもね
次回からは別のネタでいこうと思います。

なぜなら

飽きた。

書いている自分が飽きたので
読んでいる皆さんはとっくに飽きているはず。

そして
そろそろ算数について語らないと
算数講師と思ってもらえなくなってしまう。

では、いきましょう。

楽器はバイオリンだけじゃない

以前、この“知られざる学校名物”で
芝中を取り上げました。

中学3年間の音楽の授業 = バイオリンの演奏
というお話。

それを見た卒塾生が
「うちもバイオリンなのに」
「なんで先に書いてくれないの」

そんな彼女が通うのは吉祥女子。

そういえば、この前の日本女子大附属中の生徒も
音楽は3年間ずっと歌とバイオリンと話していました。

バイオリンが必修の学校って結構多いんですね。

バイオリン = セレブが楽しむ楽器
と思っているのは以前書いた通り。

セレブだらけの世の中になるんですかねぇ。

そんなことを考えていたら、とある卒塾生が
芝中について語ったブログを読んで
「私はセレブじゃないから、バイオリンは選ばなかった」

選ぶ?
どういうこと?

「中学3年間の音楽はずっと楽器」
「バイオリン、クラリネット、トランペット、フルートから選ぶのね」
「私? トランペット」
「水泳やっていたから肺活量が活きるかなと思って」
「でもね、あんま関係ないっぽい」

バイオリン、クラリネット、トランペット、フルート
「ちょっとやってみよっか」みたいに気軽に始められるようなもの?
ではないと思うのですが。                          

さすがは洗足学園。

umida2

大学の合格実績が好調で
進学校として人気ですが
かつては音楽への道を目指す生徒が集まった学校。

「ちゃんと音が出るようになると楽しいよ」
という生徒の言葉がすべてです。

音楽は“音を楽しむ”って書きますからね。

何事も楽しめることが大切。

日本人なら和の心

同じ音楽ネタ。

以前、とある卒塾生が
「これあげる」
と差し出したモノ。

ん・・・爪?

にしては大きい。

何だコレ?

「琴爪。知らないの?」

はい、知りません。
初めて見た。

「学校で琴の授業があるの」
「やってみたら筋がいいって褒められて」
「で、もっとうまくなりたいと思って、習いに行ってるんだ~」

どちらかというとバンドやりそうなイメージの子なので
純和風の琴を習っているということにびっくり。

本当にはまっているらしく
何も知識がないド素人の私を相手に
琴について熱く語っていました。

なんか、いいですね。
打ち込めるものを自分で見つけるって。

そんな彼女が通う学校は山脇学園。

よくよく話を聞くと
「音楽」の授業 = 琴  というわけではなく
「音楽」とは別に「琴」の授業が中1のときにあると。

さらには「道徳」の授業で華道も習うそうで。          

和の心を持ったしとやかな女性になるのね
楽しみ♪

umida3

そう思って見ていたら

「さっきあげた琴爪貸して」
と言って、くれた琴爪に自分の名前をサイン。

「○○(本人の名前です)が有名になったら高く売れるよ、絶対」

しとやかな女性への道は長くて険しいか・・・。

おしまい。

次は算数語ります。

それでは、また~