第四弾 中学受験 「算数 図形の出題傾向」は?

今回は中学受験情報第三弾ということで、中学受験の算数の中で、やはり図形が重要だということについて述べようと思います。

先ほどの私立中学受験入試でも、例えば麻布中学では、ほぼ半分の5割くらいが図形からの出題でしたし、全中学全体で見ても、約3割~4割くらいが図形からの出題でした。このように、中学受験では、まずは、「図形を征する」ことが重要です。まずは、図形を得点源にしてください。

具体策ですが、私の持論である「点の取れる効率的な学習方法というものが確実にあります。詳細はこの紙面では言い切れませんが、簡単に言えば、「出る図形パターン」というものがあり、それらが手を変え品を変え出ているに過ぎません。この「出る図形パターン」を覚えておき、「チェックリスト」として問題にあたるときに、常に意識することが重要になります。

詳しくは、中学受験家庭教師ドクター教務課 までお問い合わせ 下さい。中学受験で出る図形パターンをまとめた「図形ポイント集」なんかもあります。ちゃんと使ってくれる人限定で、これくらいは無料で差し上げます。ご希望の方は、「資料請求フォーム」に「図形ポイント集希望」と明記して申し込んでください。


その他の『中学受験プロ家庭教師のつぶやき』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を