横浜校の生徒さんを見ていて思うこと

こんにちは、横浜校校長のIです。
勉強は順調に進んでいますか?

待ちに待った(?)GWもあっという間に終わり、
気がついたら初夏になっていました。
いや~、時が過ぎゆくのは早いですね。
まさに「光陰矢のごとし」です。
「一期一会」の気持ちで、1日を送らなければいけませんね。

つい国語講師くさい書き出しになってしまいました…。

まだ少し気が早いかもしれませんが、夏期講習ももうすぐそこです!
一般的には「夏(夏期講習)は入試の天王山」と言われますが、
私は「夏期講習で勉強する子は、その前からきちんと勉強している子だよ!
と念を押します。

夏期講習からいきなり勉強しだす子はゼロとは言いませんが、非常にまれです。

「夏から勉強しようかなぁ…」
などと思わずに、今から計画立てて勉強しましょう!

yokohama2

さて、今月のブログは
普段、受験ドクター横浜校の生徒さんを見ていて思うこと
と題して、綴りたいと思います。

決まった時間にしっかりと勉強しているのは普通ではない!

受験ドクター生は、基本的には「決められた時間に、しっかりと」授業を受けています。

yokohama3

「え? 何をいまさら?」

という声が聞こえてきそうですね。
でも、これは決して「当たり前のこと」ではないのです。

私事ですが、受験ドクターで教える前は集団塾で長い間指導しておりました。
20名前後の生徒さんが在籍している集団塾だと、
毎回の授業で、たいてい1、2名は遅刻してくる子がいます。
もちろん、学校行事等で遅刻する場合は仕方がないのですが、
なかには「遅刻理由がどうも怪しい」子もいました。
おそらくは、近くの本屋や文房具店で時間をつぶしていて、ダラダラと塾に来ている子もいたでしょう。

また、「授業を真剣に聞いているかどうか」という点ですが、
集団授業で本当に集中して聞けている子はそれほど多くはありません

もちろん、これは講師の指導力の差もありますが、
授業形態が集団授業であると、どうしても生徒さんの意識が授業内容とは違った方向に行ってしまうことがあります。

ところが、集団塾の講師はそのことに気づいたとしても、
「キミ、今、別のことを考えていたでしょう?」
なんて、いちいち構ってはくれません。

結果として、授業内容が抜け落ちてしまい、家に帰って自分で考える羽目に陥ります。
当然、自力では分からないこともあるため、理解できないままに学習単元が進むのです。

yokohama4

実は集団塾ではよくある光景です。恐ろしいですね~。

もっと、もっと個別指導のメリットを活用しよう!

上記のように、受験ドクター生は非常に恵まれた環境で勉強に取り組めるのですが、
私からご提案が2点ほどあります。

(a) これまで以上に積極的に質問する。

集団塾でも「質問がまったくできない」というわけではありません。
授業後に「質問教室」や「チューターが対応する自学自習時間」が設けられている塾もあります。
ただし、「質問する行列ができていて、結局、聞けずに帰ってきてしまった…」などという声もよく聞こえてきます。

その点、受験ドクターは聞きたいことをその場ですぐに解決できるのです。

理想の学習サイクルとしては

yokohama1

という流れですね。

(b) 復習レポートを提出する。

これは、集団塾であっても、指導熱心な講師に当たれば宿題として課せられている可能性はゼロではありません。
とはいえ、たいていは「がんばって宿題として提出したものの、検印を押されただけで、
何のコメントもなく返却される」というケースが多いようです。これは、ある意味では仕方がありません。
集団塾の講師が一人の生徒にかけられる労力は限られています
「一言コメントがあるだけでも良し」
としなければなりません。

一方、受験ドクターなら、
目の前の生徒さんを全力で指導できますから、宿題の添削も十分にできます

何かご不明な点やご相談などございましたら、いつでもお問い合わせください。
ご要望なども大歓迎です!

yokohama6


その他の『校舎ブログ』の項目一覧


無料相談受付中 0120-955-568
無料体験
資料請求

最新情報を受け取ってライバルに差をつける

Twitterをフォローするか、FaceBookでいいね!することで、最新中学受験情報をいち早く受け取ることができます。今すぐ下のボタンをクリック!

この記事が気に入ったら是非ご登録を