受験生の食事 4-4 夕食でカルシウム補給!

当社は、「中学受験ドクター」という屋号にもありますように、子供に対する教育サービスを提供させていただいておりますが、この度、一生懸命頑張っている子供を日々サポートされている親御様に対しても、側面からサポータさせていただければという趣旨から、この度、家政婦の紹介・家事代行業をされているハウスサポーター様所属のお料理研究家の方にご協力いただき、『受験生の食事』というコーナーを設けました。受験生をお持ちの親御様の子育てに欠かせない「食事あるいは、食育」について専門家の視点からアドバイスいただきますので、参考にしていただければと思います。

夕方はカロリー抑えて!

普段の運動量も少なめになってきたら特に注意する点になります。

  これは私達大人は更に気をつけなくてはいけないので家族皆さんで

心掛けしましょう‼

 つい夕食は一日の内で一番ゆっくりくつろげる時間でもあり家族との

話も出来るコミュニケーションが取れるタイミングですからつい食べ過ぎ

てしまいますね。
 
 運動する事で、体の新陳代謝も良くなる上に精神的にもスッキリ感も

あるので大袈裟なスポーツでは無くて家の中でもいつでも何処でも出来る

ストレッチだけでもやれると良いですね。お子様と一緒に出来たら理想的です

何時の間にか運動神経も発達していて体力もついて来ている様子がわかり

お子様の成長に驚かされる事でしょう‼

 

☆ カルシウム不足!

 
 お子様にも大人の方にも比較的多いのが、カルシウム(Ca)不足も一つあります。

骨、歯を作り人間の骨格を作るのに生命維持に欠かせない栄養素の一つで他には

、筋肉の収縮、部位伝達、血液凝固、ホルモン分泌に関わっていて、精神状態を

安定させます。

  またカルシウムが不足すると骨や歯からカルシウムが溶け出し密度の低い骨や

歯になってしまい”イライラ”  ”骨密度の低下し骨がもろくなる”  “骨粗鬆症”  “血が

止まりにくい”  などの状態が出ます。

☆ 親子でカルシウム補給! 

お子様とお母様方も大切な事ですので一緒にカルシウム摂取に心掛けましょう‼

カルシウムが高い食材で誰もがご存知なものは、なんといっても”牛乳やチーズ、

ヨーグルトなどの乳製品” ではないでしょうか次に高いのは ”豆類”  ”骨ごと食べ

られる魚類”  “切り干し大根や小松菜などの野菜類”  ”海藻類 “  などでしょう。

しかし、牛乳はカルシウムは多いのですが ”マグネシウム”  ”リン”  のバランスが

難しく飲み過ぎは逆に自分の骨や歯からカルシウムが溶けるようになるので

気をつけましょう‼

☆ バランスが大事!

『  カルシウム 1: リン 1     カルシウム2: マグネシウム 1 』がバランスがよいそうです。

特に注意する点は ”リン” に関してで日常普通に食事していれば足りているのですが、

清涼飲料水やインスタント食品、カップ麺、スナック菓子などに多く含まれる

食品添加物なので外食やこれらのものをたくさん食べている食生活をしていると

逆にカルシウム不足になってしまう可能性があります。

 続く 


その他の『受験生の食事』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を