受験生の食事 2-5 食べ過ぎ注意

当社は、「中学受験ドクター」という屋号にもありますように、子供に対する教育サービスを提供させていただいておりますが、この度、一生懸命頑張っている子供を日々サポートされている親御様に対しても、側面からサポータさせていただければという趣旨から、この度、家政婦の紹介・家事代行業をされているハウスサポーター様所属のお料理研究家の方にご協力いただき、『受験生の食事』というコーナーを設けました。受験生をお持ちの親御様の子育てに欠かせない「食事あるいは、食育」について専門家の視点からアドバイスいただきますので、参考にしていただければと思います。

夕食は一日の中で一番お腹が空いた~~!と感じる時間です。

ここで太らないように対策を取る事も必要かもしれません!

成長期であれば尚更大人よりも難しいとされているようです。

☆ 水溶性食物繊維 &  不溶性食物繊維  

食物繊維を多くしたりすることは勿論ですが、水に溶ける水溶性食物繊維

と水に溶けない不溶性食物繊維とがありますが、第6番目の栄養素と言われ

腸の有害物質を排泄し腸内の環境を整えたりして便秘予防もしてくれます。

糖質の吸収も遅らせたりコレステロールの排泄も促しお子様だけでなく私達

大人の方々のダイエットにも役に立ち生活習慣病の予防にも繋がります。

水溶性食物繊維は果実や海藻類などで血糖値上昇を抑制させたり血液中の

コレステロールを減らしたりします。

不溶性食物繊維は野菜類、穀類、豆類、ふすま、ココア、ゴボウ、キノコ類などで

便秘予防や食べ過ぎ防止にもなるのでこの2種類を上手にあわせて食べると

良いと思います。

☆ ゆっくりよく噛む!

食物繊維類は良く噛む事が必要になるので忙しい朝などはゆっくりと食べる時間が

ないときは自然に柔らかいものを食べる事が多いと思いますので、夕食時にゆっくり

よく噛んで味わいながら食事をすると心までが満足すると思います。

 柔らかいものばかり食べる食習慣は早めに止めて、普通の良く噛む習慣にしましょう。

例えば油で揚げない酢豚や酢鶏など、少ない油で下味を付けた肉類を焼いて水戻しした

干し椎茸(なければ椎茸、エリンギなど)玉ねぎ、あれば筍、ピーマン、人参、きくらげ、

トマト、などを野菜をたっぷり加えて酢豚用の合わせたソースを入れて最後に水溶き

片栗粉やコーンスターチなどでとろみをつけ火を止めてからごま油を加えて仕上げます。

少ない油で食物繊維たっぷりの野菜と酢の味付けで食欲をそそります。生のトマトが

残っていたら加えるとさっぱりとした味付けで色々な栄養素も同時に摂取出来ます。

パイナップルを加えても程よい甘さと酸味が美味しく肉類も柔らかくなる効果も有ります。

タンパク質も取れカロリーも抑えられてこれも夕食には油で揚げないので手早く出来て

豪華に見える一品です!


その他の『受験生の食事』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を