受験生の食事 2-24 受験真っ只中!

当社は、「中学受験ドクター」という屋号にもありますように、子供に対する教育サービスを提供させていただいておりますが、この度、一生懸命頑張っている子供を日々サポートされている親御様に対しても、側面からサポータさせていただければという趣旨から、この度、家政婦の紹介・家事代行業をされているハウスサポーター様所属のお料理研究家の方にご協力いただき、『受験生の食事』というコーナーを設けました。受験生をお持ちの親御様の子育てに欠かせない「食事あるいは、食育」について専門家の視点からアドバイスいただきますので、参考にしていただければと思います。

とうとう始まりました!

インフルエンザも流行し始めたので気になる時期です。

☆ とにかく風邪が大敵!

関東では雪の影響がないので何とか順調に試験も進んで

いるかと思います。私も30年以上前??を思い出してい

ますが、寒いことが思い出されます。その時も家族中が

風邪に注意してくれた思い出があります。

 あとは元パティシエの母が、昼は給食で給食をあまり

食べない私には朝食の他に、特に夕食や夜食にも食事にも

気を使ってくれた記憶が残っています。その頃は毎日の

おやつが手作り本格ケーキばかりでしたので高カロリー

だったと思います。友達からは羨ましく思わていましたが

毎日続くと飽きるもので、シンプルなおやつが食べたく

なるものでした。

 高脂肪・高カロリー・高糖に注意!

 案外と生クリーム、砂糖、バターなどたっぷりと使わ

れたケーキなどは消化が悪く胃がもたれるのでおやつを

用意するならばシンプルなマフィンやパンケーキなどに

野菜などを入れてあまり甘くないお惣菜に近い感じの

ものが良いと思います。

 『とんかつ』が消化が悪いのはお伝えしましたが、

気を付けるのは甘い脂たっぷりのお菓子も要注意です。

 お砂糖たっぷりだと免疫も下がりますから、本来の

果物の甘さや酸味などを利用しておやつや夜食にしては

いかがですか?

 男のお子様だとしっかりとうどんなどを召し上がる

事も多いと思いますが、甘いお菓子よりもうどんの方が

体には良いかもしれません!

☆ ビタミンCを摂る!

 食事のときにフルーツなどのビタミンcなどが取れに

くければ、おやつの時に是非果物を加えてあげて下さい。

ビタミンcなどは食べダメ出来ないので、小分けにして

食べて下さいね!風邪予防にもなります!


その他の『受験生の食事』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を