受験生の食事 2-13 スパイスの力! その1

当社は、「中学受験ドクター」という屋号にもありますように、子供に対する教育サービスを提供させていただいておりますが、この度、一生懸命頑張っている子供を日々サポートされている親御様に対しても、側面からサポータさせていただければという趣旨から、この度、家政婦の紹介・家事代行業をされているハウスサポーター様所属のお料理研究家の方にご協力いただき、『受験生の食事』というコーナーを設けました。受験生をお持ちの親御様の子育てに欠かせない「食事あるいは、食育」について専門家の視点からアドバイスいただきますので、参考にしていただければと思います。

小学生の高学年になればお子様がいる家庭でもカレーなどもやや

甘口〜中辛程度になり大人に近い、もしくは大人と同じ位の辛さの

カレーを食べている事と思います。

特に幼児などまだ本当に小さなお子様ならお子様専用のカレーに

なりますね!

☆ カレーは月に何回くらい食べる??

カレーは月に一二度位は、登場しているメニューの1つかもしれま

せんね。何気なく食べているカレーはとても優れものなんです!

今はハーブやスパイスは極普通に使われていますが、ハーブと

スパイスの違いから。まずハーブとは?種類だけでも数千種類あると

言われ英語のHerbはラテン語の草木を意味して香りを持った健康に

役立つ植物です。

花から葉っぱなどの部分があり、薬効が有る物から無毒な物、有毒な

物まであって例えば「トリカブト」などは、有毒な植物で有名です。

ペパーミント、バシル、パセリ、タイム、オレガノ、マジョラム、セージな

ど家庭菜園や鉢植えなどでも簡単に作れて生のままハーブティーにして

飲んだり料理に使ったり、乾燥させて保存したり使ったりしますね。肉や

魚の臭みを消したり、殺菌、保存などに利用しています。スーパーや

調味料売り場にはドライのハーブがたくさん売っていますから簡単に使えます。

☆ スパイスの力!

スパイスとは、調味料や薬としても使われていて全世界で数百種類あると

言われています。主に熱帯、亜熱帯、温帯にかけて温かなところで採取

される植物の葉、根、茎、枝、樹皮、果実、花蕾、種子などです。スパイス

は食用として可能なもので有毒なスパイスは一般的には売られていません。

 しかしスパイスはヨーロッパにはスパイスが無くスパイスは本当に高価で

貴重なしとして高額で売られていました。マヤ文明ではスパイスは防腐剤

などにも利用されていました。

スパイスの組合せによっても色々な効能があり本当に遥か昔から使われ

ていた文化と歴史があります。

続く


その他の『受験生の食事』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を