受験生の食事 1-24 試験前に朝食が大事!

当社は、「中学受験ドクター」という屋号にもありますように、子供に対する教育サービスを提供させていただいておりますが、この度、一生懸命頑張っている子供を日々サポートされている親御様に対しても、側面からサポータさせていただければという趣旨から、この度、家政婦の紹介・家事代行業をされているハウスサポーター様所属のお料理研究家の方にご協力いただき、『受験生の食事』というコーナーを設けました。受験生をお持ちの親御様の子育てに欠かせない「食事あるいは、食育」について専門家の視点からアドバイスいただきますので、参考にしていただければと思います。

受験日までもう直ぐです!

深夜まで勉強したい気持ちも充分に分かりますが

受験は午前中がメインですから午前中から脳を上手く

働かせ、今まで頑張ってきた勉強の成果を出さなけれ

ばなりません。

体調を整える

 体のリズムは少しの習慣でも慣れてしまうので良い

習慣にしておかなければなりません。

 朝食や昼食やお弁当なども消化の良いものを取り入れて

脂っこいものや肉などの消化の悪いものなどは控えま

しょう!

消化が悪いと胃の方に集中してしまいますから脳は集中で

きませんからこれは気を付けて下さい。

ダイエットは忘れて

 小学生の4年生くらいから高学年にかけて女のお子様方は

特に『ダイエット』という言葉を結構言っているらしく

実際に口癖になっているようです。

体型も気になるころでしょうが大事な時期ですし

変に偏った食事をしていると疲れやすくなったり、冷えて

女性ホルモンも崩れてきて体調壊しますので気を付けま

しょう。

 栄養バランスが大事

一回一回の食事は大切な栄養素を摂取するので楽しく食べる

ことで栄養素を吸収するので受験が終わるまでダイエット

はお預けにしましょうか!

 朝食もしっかりと主食の炭水化物類のパンやごはん、

おもちなど。

タンパク質類のハムやウインナー、卵やツナなど。

ビタミンやミネラル類として野菜をたっぷりとバランス

良く食べて風邪予防にもなります。

極普通の食事だと思われるかもしれませんが、これも

習慣ですから長い間で続けると免疫作用にも影響しますし

小学生高学年にもなり栄養素もたくさん必要になります

から毎日コツコツとバランスよく食べることが大切です。

この習慣が一番大変かもしれませんが健康で居ることは

これも日々の努力です。


その他の『受験生の食事』の項目一覧


この記事が気に入ったら是非ご登録を