子どもの様子をじっくり見て柔軟に指導、算数の弱点を補強して第一志望校に合格!(共立女子中学中学進学 女子の保護者様)

[関連キーワード]

合格校

共立女子中学校、山脇学園中学校、和洋国府女子中学校

Q1 当塾に入塾するきっかけとなったお子様の学習状況を教えてください。

4年生から日能研で上位クラスにいたため、それなりに算数も出来ていると思いこんでいましたが、特に算数が6年生になり、全国テストのみならず単位テストでも低迷するようになってしまいました。国語が得意だったため、総合的にごまかしが効き、問題を発見するのに時間がかかったのです。そこで、得意な国語で高得点を取り、算数では足を引っ張らないようにする作戦とし、それを確実にするために、本番の半年前でしたが、算数の弱点補強のため入塾しました。

Q2 当塾では、どのような課題に対してどのような指導を受けましたか?

受験ドクターでは、子供一人一人の様子をじっくり観察して、柔軟に指導すると聞いていましたが、その通りでした。先生によると、子供が時々、基本的な解法を「覚えていない」や「忘れた」ではなく、「知らない」と答えたことに着目し、大手塾では進度が速すぎて「教えていない」ことが多いのではないか?と疑問を持たれたそうです。そこで、穴の開いている個所を、丁寧に埋めていただきました。

Q3 Q2の指導の結果、お子様の意識や成績はどのように変化しましたか? 合格の喜びとともに語ってください。

先生からは、最初はむしろ成績は下がるが、最後には間に合いますよ、と力強い言葉をいただき、安心してお任せしていましたが、本当にその通りでした。低迷期は長かったのですが、直前最後の実力テストでは算数が高得点となり、その後、過去問でも計算や一行題は安定して取れるようになっていました。
算数が足を引っ張らないようにする作戦が最後には間に合い、第一志望に合格することができました。信じてお任せして本当に良かったです。
ありがとうございました。

共立女子中学の合格体験記
※画像をクリックすると、拡大表示します。

[関連キーワード]

その他の『2019年度合格体験記』の項目一覧

2019年度合格実績のその他の合格実績

2019年度合格実績以外の合格実績


この記事が気に入ったら是非ご登録を