国語偏差値50未満→70超にアップ!長文読解や記述対策をすることで国語を得意科目にして合格!(海城中学進学 男子の保護者様)

[関連キーワード]

合格校

海城中学校、本郷中学校

Q1 当塾に入塾するきっかけとなったお子様の学習状況を教えてください。

四谷大塚に通塾し、開成を目指しておりましたが、組分けテストで国語の成績が振るわず、Sコースの維持すら難しい状況でした。第2回の合不合テストでは、国語の偏差値が50を切ってしまい、このままでは開成どころか、難関上位校にも受からないと考え、受験ドクターにお世話になることを決めました。

Q2 当塾では、どのような課題に対してどのような指導を受けましたか?

まず初めに、国語の長文読解や、合不合テストに出てくる記号問題の解き方を、対策して頂きました。四谷大塚のSコースを維持かつ、合不合テストで偏差値66以上を取らなければ、秋から始まる学校別対策コースに入れなくなってしまうからです。また、開成特有の記述形式の解き方については、かなりの時間をさいて対策して頂きました。

Q3 Q2の指導の結果、お子様の意識や成績はどのように変化しましたか? 合格の喜びとともに語ってください。

効果はすぐにあらわれ、第3回の合不合テストの国語では偏差値70を超え、無事開成コースに入ることが出来ました。その後も、国語の成績は伸び続け、開成コース週テストでは国語で1位をとるまで得意科目になりました。海城の国語や社会の長文記述は、自信を持って取り組むことが出来たようです。受験ドクターにて国語の解き方を教わっていなければ、目標をかなり下げることになっていたと思います。短い間でしたが、ご指導頂きまして、ありがとうございました。

海城中学の合格体験記
※画像をクリックすると、拡大表示します。

[関連キーワード]

その他の『2019年度合格体験記』の項目一覧

2019年度合格実績のその他の合格実績

2019年度合格実績以外の合格実績


この記事が気に入ったら是非ご登録を