大手塾復帰のために入塾、個別で教えていただける安心感が娘を支え、合格!(市川中学進学 女子の保護者様)

合格校

頌栄女子学院・市川・栄東・国府台女子

Q1 当塾に入塾するきっかけとなったお子様の学習状況を教えてください。

大手N塾に3年生の2月より通塾しておりました。始めは2クラス中下のクラスに在籍していましたが、本人の頑張りで春には上のクラスに上がり、その後、かなり追い込んであこがれの学校合格のため頑張って参りました。(親も本人の希望をかなえようとのめり込んでいたと思います。)結果、5年生9月には娘の中で一番の成績となりましたが、それと同時に「下がるのは怖い」「疲れた」と塾に通えなくなってしまい、丸3ヶ月その状態が続きました。その後、本人より再度N塾に復帰したい意思表示があったため、娘の学習をサポートして頂くためにドクターに入塾致しました。

Q2 当塾では、どのような課題に対してどのような指導を受けましたか?

娘はわからないところがとても気になり、1つのことにこだわり、結果として進まなかった学習スケジュールに対して、更にストレスを感じる、といった負のスパイラルに陥りやすかったので、プロの先生にまずはN塾のカリキュラムのサポートをして頂き、軌道に乗った時点で、娘の志望する学校の対策を中心に、娘に側した弱点の見直しや学習の進め方をご指導頂きました。最初は、娘が得点が上がると大変モチベーションも上がる、かつ、家庭学習のほとんどを費している算数、また理科を指導して頂き、夏より娘が苦手意識の高い国語を加えてご指導頂きました。

Q3 指導の結果、成績はどのように変化しましたか?

集団塾の方で成績がふるわなかったり、家庭学習に気持ちが乗らずもんもんしている時も、「個別で教えて頂ける」という安心感が娘を支え、その後も色々ありましたが、途中で投げだしたり、5年生秋の時の様に逃げることなく、最後の最後まで予定通り受験し、ゴールをすることができました。また、素人の私からみても、年末から1月待つにかけて算数に続き、国語の力が着実に身に付いてきていることが分かりました。計10回の受験を経験しましたが、1月始めの受験より、2月は更に力がついていたと思います。苦しい思いを抱えながら最後まで受け切れた娘を誇りに思うと共に、そのような実力と確固たる気持ちを支えて下さった先生方に感謝致しております。

市川中の合格体験記
※画像をクリックすると、拡大表示します。


その他の『2018年度合格体験記』の項目一覧

2018年合格実績のその他の合格実績

2018年合格実績以外の合格実績


この記事が気に入ったら是非ご登録を